• 印刷する

みらかHD、香港子会社を増資=1.1億ドル

医療検査事業のみらかホールディングスは1日、香港全額出資子会社のSRL香港(愛需利香港)の増資を決め、6月末に1億1,519万HKドル(約16億4,950万円)の払い込みを実行したと発表した。新興国での受託臨床検査事業の展開を加速させるのが目的。

SRL香港は昨年10月の設立。アジアを中心とする新興国での受託臨床検査事業の展開を担う統括会社との位置付けで、増資により資本金は1億1,520万HKドルとなった。


関連国・地域: 香港日本
関連業種: 医療・医薬品

その他記事

すべての文頭を開く

女性の出産、経済負担が重し NPO調査、住宅の狭さも影響(12/11)

新年度予算、企業支援など軸=陳財政長官(12/11)

ナガコープ社債がアジア最良、香港経済誌(12/11)

スタートアップの商品化を支援、科技園(12/11)

日系イベント情報(12月1回目)(12/11)

屯門の古紙リサイクル工場、23年稼働へ(12/11)

行列による経済損失、1年で24億米ドルに(12/11)

金融免許の申請が急増、大湾区を見据え(12/11)

4日続落、医療関連が安い=香港株式(12/11)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン