サイバー攻撃時、保安業界の残業可能に

韓国で週当たり労働時間を最大52時間に制限する制度が始まったことを受け、科学技術情報通信省がセキュリティー事業の契約ガイドをまとめた。業務の特性を考慮し、サイバー攻撃など緊急時の勤務が避けられないような場合は労働時間を超過しても業務を遂行できるようにする。 科学…

関連国・地域: 韓国
関連業種: IT・通信雇用・労務


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:閑静な住宅地のソウル清…(12/11)

電子機器大手が生産移管の動き 台湾・中国企業、米中貿易戦争で(12/11)

19年度予算47兆円、過去最大 就職支援で雇用拡大へ(12/11)

半導体大手2社、設備投資で速度調整か(12/11)

サムスンのサイネージ、世界シェア首位見込(12/11)

韓国の大宇建設、ハノイ新都市事業が好調(12/11)

農協銀行がチャットボット導入、金融では初(12/11)

カカオ、タクシー需要を予測するAI技術開発(12/11)

カカオ相乗りサービス、17日に正式開始(12/11)

KTX江陵線の脱線、回路接続ミスが原因か(12/11)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン