華為の上半期売上高、15%増の3257億元

深セン市に本拠を構える通信設備・機器世界最大手の華為技術(ファーウェイ)は7月31日、2018年上半期(1~6月)の売上高が前年同期比15%増の3,257億元(約5兆3,500億円)だったと発表した。営業利益率は14%となった。 ファーウェイは、上半期の業績は安定的に推移したとし…

関連国・地域: 中国-深セン
関連業種: その他製造IT・通信マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

中国再参入の計画ない、グーグルの検索サービス(12/13)

テイクオフ:会社からの帰り道。広州…(12/13)

中国人客の呼び戻し策を強化 ビザや税優遇、航空大手は赤字も(12/13)

EVの充電環境さらに改善へ 政府4部門、3年で「6大任務」(12/13)

中国が米車関税引き下げ、摩擦解消へ一定譲歩か(12/13)

シルフィが首位、11月のセダン販売(12/13)

18年半導体設備出荷額、台湾は3位=SEMI(12/13)

香港の柴犬キャラ、権利供与で事業拡大へ(12/13)

ビジネス環境評価、20年までに順次対象拡大(12/13)

華為CFOの保釈、カナダ裁判所が認める(12/13)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン