• 印刷する

テイクオフ:最近ジャカルタではやっ…

最近ジャカルタではやっているスイーツは、「ミロ」のかき氷。名前は「エス・クパル」という。

緑のパッケージで有名な、あの粉末麦芽飲料は、水に溶かして飲むためだけのものではなかった。ミロの粉末に、カカオパウダー、チョコレート味の練乳などを加えて混ぜたシロップを、かき氷の上からかけると出来上がり。好みでチョコフレーク、細かく削ったチーズやナッツなどをトッピングする。

ひととき人気が高かったマンゴーのスイーツは、小ぎれいな商業施設内に店舗が相次いで開店し、長蛇の列ができたのに、今では人気が廃れ気味。ミロのかき氷は、簡単に作れるからか、屋台で売られていることが多い。熱しやすいが冷めやすいインドネシア人の胃袋をつかむには、機動力の高い屋台で次々に新メニューを展開するのが手っ取り早く稼ぐ方法なのかもしれない。(麻)


関連国・地域: インドネシア
関連業種: 食品・飲料小売り・卸売り社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:MRTなどの開業でジャ…(03/20)

電子マネー決済額47兆ルピア 前年比4倍、銀行が事業拡大へ(03/20)

1~2月二輪車販売台数、19%増の110万台(03/20)

ホンダ、2月もブリオシリーズが5割以上(03/20)

【アジア自動車データ集】二輪販売(359)(03/20)

潤滑油ラボが開所、国内基準の取得義務化で(03/20)

EUのパーム油規制、WTOに提訴へ(03/20)

二輪配車アプリの規定制定、運賃盛り込まず(03/20)

ERPの早期導入を、ナンバー規制効果薄(03/20)

ロッテ、インドネシア石化工場の整地で契約(03/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン