• 印刷する

クリスエナジー、油田開発計画に変更なし

資源開発を手掛けるシンガポールの新興企業クリスエナジーは、最近の世界的な原油価格の上昇はカンボジアでの開発計画に影響を与えないとの見通しを明らかにした。クメール・タイムズ(電子版)が7月31日伝えた。

同社幹部は「2019年後半には原油の生産を開始できる。スケジュールに変更はない」と話す。設備の入札手続きも順調に進んでおり、18年上半期の決算報告で最新の状況を明らかにすると付け加えた。

クリスエナジーは、タイ湾沖の鉱区Aのアプサラ油田開発を17年10月に決定。当時、原油価格は安かったが、最近は上昇傾向にある。アプサラ油田はクリスエナジーが95%、カンボジア政府が5%の権益を保有。開発の第1期では、生産量が日量最大3万バレルになる見通し。

鉱業・エネルギー省によると、石油採掘への外国直接投資は、年内に承認予定のプロジェクトを含めて13億米ドル(約1,450億円)に達した。


関連国・地域: カンボジアシンガポール
関連業種: 天然資源

その他記事

すべての文頭を開く

世界遺産地区に巨大リゾート 米系ソンサー、2.5億ドル投資(10/17)

トリドール、外食人材育成校を開校(10/17)

ユーロチャム、経済制裁に反対表明(10/17)

関税優遇措置の停止回避へ、EUと交渉(10/17)

シンガのリンペイ、仮想通貨決済に参入(10/17)

首相の長男、反政府勢力は「国益の損害」(10/17)

過積載車両の検査で汚職、職員14人を解雇(10/17)

アジア投資「欧州流」強調、中国意識(10/17)

4~6月の経常赤字43%増 8.1億ドル、3四半期連続の拡大(10/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン