• 印刷する

テイクオフ:「申し訳ございません」…

「申し訳ございません」。取り調べのため裁判所に向かう20代女性の保育士はカメラのフラッシュを一斉に浴びながら顔を伏せてこうつぶやいた。

7月、京畿道の保育園の駐車場に止めたスクールバスの中に閉じ込められた4歳の女の子が死亡する事件が起きた。ドライバーがバスの後方座席に女の子を残したまま、鍵を閉め、30度を超える真夏日に約7時間に渡って放置された。

バスに同乗した20代女性の保育士は人数確認を怠り、ドライバーも鍵を閉める前に車内の点検を行わなかった不注意が悲惨な結果をもたらした。

考えれば2年前に光州市で4歳の男の子がバスに放置され死亡した事故があった。同じような事故を繰り返さないよう、運転手に車内の最終確認を義務付ける交通法が昨年施行されたが、この始末だ。安全意識に疑問符がつくのは、こうした再発事故の多さにある。(公)


関連国・地域: 韓国
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:冬から春へと季節が移ろ…(04/23)

中国ゲーム規制が韓国に波紋 テンセントリスクが浮上(04/23)

再エネ40年に30%台、電力基本計画案(04/23)

生産者物価指数、3月は0.1%上昇(04/23)

韓国製造業、36%が「上期は営業減益」(04/23)

3月ICT輸出16.3%減、全分野でマイナス(04/23)

現代自、印でEVの部品調達を模索(04/23)

バンコクエア、ロッテと空港免税店運営狙い(04/23)

サムスン電機、ワイヤレス充電事業を売却(04/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン