ラオスのダム決壊、韓国救護隊現地へ出発

【ソウル共同】ラオスのダム決壊による洪水被害で韓国政府が派遣を決めた緊急救護隊が29日、ソウル近郊の軍用空港から現地に出発した。15人の医療チームを中心に感染病予防などに当たる。ダム建設には韓国企業が関わっており、文在寅大統領が派遣を指示した。 韓国政府は現金と物…

関連国・地域: ラオス
関連業種: 社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

首都の商業地区が浸水、メコン川の水位上昇(08/21)

カンボジアとラオス、18年貿易2400万ドルに(08/20)

徴税強化を指示、国境で摘発拡大=財務省(08/20)

デジタル化対応めぐりCLMVTフォーラム(08/20)

国造りに活路、隣国から移転 パクセー特区戦略(下)企業の思い(08/17)

法律の実効性強化が必要、司法省(08/17)

「日系中小企業」に商機あり パクセー特区戦略(上)調整を重視(08/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン