SKC、次世代フィルムで住友化学に対抗心

韓国の化学素材大手SKCの子会社、SKCハイテク&マーケティングの金熙受(キム・ヒス)社長は、韓国経済新聞との取材で、「折り畳み式スマートフォン向けの透明ポリイミド(PI)フィルム市場での主導権争いが来年から本格化する」とし、量産能力を全面に押し出すことで、国…

関連国・地域: 韓国日本
関連業種: 化学IT・通信


その他記事

すべての文頭を開く

韓国社の地場ソーラー株取得、競争委が承認(11:49)

SKCが中国に合弁、酸化プロピレンを生産(13:26)

テイクオフ:1997年に韓国を襲っ…(12/10)

「米中貿易戦争過熱」が1位 金融システムへのリスク要因で(12/10)

大企業の支配構造再編は表面だけ、公取委(12/10)

SKハイニックス、新社長に半導体専門家(12/10)

大企業への監査時間、19年から2倍に(12/10)

ロッテ、インドネシアを石化拠点に(12/10)

起亜自、AP州にHVやEVを寄贈(12/10)

韓国の建設デウォン、越事業拡大へ資金確保(12/10)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン