• 印刷する

熊谷組、トンネルMOM事業を受注

熊谷組は、香港の九龍と新界・沙田を結ぶ大老山トンネル(テーツ・ケーン・トンネル)の管理・運営・保守(MOM)事業を受注した。出資する香港現地法人が年約12億円で香港政府と契約したもので、契約期間は3年。熊谷組にとって香港で手掛ける2件目のMOM事業となる。

熊谷組、中国中信(CITIC)などと設立した共同出資会社が所有する香港現法、パシフィック・インフラストラクチャー・マネジメントが受注し、今月11日から運営を開始した。熊谷組の共同出資会社への出資比率は10%。

大老山トンネルは、九龍・ダイヤモンドヒル―沙田を結ぶ全長約4キロメートルの道路トンネルで、片側2車線の計4車線。他社による建設・運営・譲渡(BOT)方式での事業期間が終了し、政府に返還されていた。

1日当たりの平均交通量は6万2,500台を見込む。

熊谷組は2016年8月、東部海底トンネルでのMOM事業の契約を受注している。今後も香港を中心としたアジア地域でのMOM事業に積極的に参画し、事業拡大と安定した収益源の確保を目指す方針だ。

今回MOM事業を受注した大老山トンネル(熊谷組提供)

今回MOM事業を受注した大老山トンネル(熊谷組提供)


関連国・地域: 香港日本
関連業種: 運輸サービス

その他記事

すべての文頭を開く

フードトラック売上、ディズニーが全体5割(01:30)

サービス業で高い採用意欲 本土客増で、不動産は慎重(12/14)

商務省、中国の越境EC会社と提携(12/14)

外資系の香港拠点、日本が首位陥落(12/14)

香港、住宅政策が市場リスク抑制=IMF(12/14)

マカオと本土、CEPA貨物貿易協定を締結(12/14)

大湾区関連の新基金発足、企業と若者支援(12/14)

ETF通と香港株実名制を来年実現、SFC(12/14)

3日続伸、市場ムードが好転=香港株式(12/14)

日本信義、新ブランド「SJホーム」立ち上げへ(12/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン