• 印刷する

観光メモリーズ、メルギーなどで開発権取得

シンガポール証券取引所(SGX)のカタリスト(第2部)に上場するミャンマー財閥サージ・パン・アンド・アソシエーツ・ミャンマー(SPA)傘下の観光事業会社メモリーズ・グループは、南部タニンダーリ管区のメルギー(メイ)諸島の3島の開発権などを獲得したと発表した。ミャンマー・タイムズ(電子版)が30日伝えた。

メモリーズが取得したのは、メルギー諸島のボウェ(Bo Ywe)島、ガマン(Nga Mann)島、クンピラ(Kyun Pila)島の開発権。11月開業予定のクンピラ島の5つ星ヴィラリゾート「アウェイ・ピラ」(24室)の開発権も含まれる。同社は近く、年内開業予定のモン州モーラミャインの3つ星ホテル「ホテル・スガッティ」(72室)も取得する予定。

これらの開発権は、英ロンドンを拠点とする投資会社「サメナ・キャピタル」傘下企業を筆頭株主とする17社の第3者株主グループから取得する。取得額は合わせて4,070万米ドル(約45億2,300万円)。現金と新株発行で賄う計画だ。

メモリーズは、中部の遺跡都市バガンの熱気球事業をはじめ、最大都市ヤンゴンやタニンダーリ管区、東部カイン州(旧カレン州)とカヤー州でホテル運営などの観光業を展開している。


関連国・地域: ミャンマーシンガポール欧州
関連業種: 建設・不動産観光

その他記事

すべての文頭を開く

博多からミャンマーに描く夢 華味鳥、慈善活動30年経て進出(09/13)

ヤンゴンのタイセンター、貿易拡大に期待(09/13)

財務省、低所得者向け小口保険制度整備へ(09/13)

8月まで11カ月間の投資、16万人の雇用創出(09/13)

金相場に落ち着き、史上最高値から反落(09/13)

アジア開銀から1.8億ドル借款、地方開発で(09/13)

ヤンゴン、観光振興で歴史的建物10棟選定(09/13)

8月に値上がりのピーナツ油、価格安定へ(09/13)

ゴム価格が低迷、栽培技術の低さも要因(09/13)

森林破壊防止には武装勢力の協力必要=政府(09/13)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン