• 印刷する

ホワイトカラー求人、4~6月期は1%減

人材紹介大手のJACリクルートメントは30日、シンガポールの4~6月期のホワイトカラー求人数が、前年同期に比べて1%減少したと発表した。前期からは9%減っている。

JACによると、シンガポールでは4~6月期に最も求人が多くなる傾向があるが、今年は昨年同様、1~3月期からの増加は見られなかった。日系企業では、就労ビザ(エンプロイメント・パス=EP)発給の厳格化の影響でローカル人材の採用を優先する傾向があり、特に人事や経理など管理業務で顕著だという。日本人向けでは、求人数こそやや減少したものの、専門職や管理職の人材需要は引き続きある。シンガポールにアジア地域の統括拠点を置く企業も多いため、同国以外の海外拠点向けの採用依頼も増えている。

シンガポール政府が外国人に対する雇用規制を強化する中、EPの取得が不要なシンガポール人や永住権(PR)保持者、配偶者ビザ(DP)保持者に対する高い需要は続いており、売り手市場となっている。特にシンガポール人については、転職に当たって内定を受けた後、勤務先の企業から好条件での慰留を受け、転職を取りやめるといったケースも増えているという。


関連国・地域: シンガポール日本
関連業種: マクロ・統計・その他経済雇用・労務

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:鉄格子といった柵がなく…(10/17)

オン・オフライン融合の新店舗 国内初、オネストビーが開業(10/17)

日本へのMICE誘致、JNTOがイベント(10/17)

JBCC、シンガポール子会社を清算(10/17)

NETS、オンライン請求・集金サービス導入(10/17)

スターハブ、インフラ共有でM1と合意間近(10/17)

企業庁、インダストリー4.0の標準マップ開発(10/17)

企業庁と経済開発庁、独政府系VCと提携(10/17)

民間住宅価格、来年は8%上昇=モルガン(10/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン