• 印刷する

横河電機、水道の情報管理システム受注

横河電機は27日、インド西部のラジャスタン州で上下水道の情報中央管理システム(WIMS)を受注したと発表した。受注額は明らかにされていないが、インド政府が掲げるスマートシティー構想の一環で、数百万米ドル(100万米ドル=約1億1,100万円)に相当するプロジェクトという。

インド法人のヨコガワ・インディアが、ラジャスタン州政府が所有するIT企業、ラジコンプ・インフォ・サービス(RISL)から受注した。横河電機のWIMSにより、現在は手作業か分散型の監視・制御システム(SCADA)を使って行っている上下水道の情報収集・管理を単一のネットワークに統合する。ヨコガワ・インディアは、州都ジャイプールに中央指令センターやデータ・ストレージ設備を構築。11月までに設備の設置と調整を完了し、その後5年間、24時間体制で設備の管理を担当する。

ラジャスタンはインド最大の州で、人口増加に伴い水道の需要は上昇の一途をたどっている。横河電機によると、上水道の給水量は1日当たり37万トンを上回り、既に多くの地域で供給が追いついていない状態。WIMSの導入により、州全体の上下水道インフラの状態と配水状況がリアルタイムで確認できるようになるため、適切な配水管理が可能になり、節電にもつながると期待されている。


関連国・地域: インド日本
関連業種: その他製造IT・通信電力・ガス・水道

その他記事

すべての文頭を開く

3方面からデジタル化推進、緯創董事長(01/15)

ワクチン接種は教師などを優先に=人権委(01/15)

スパイスヘルス、変異種特定で空港に解析所(01/15)

20年車販売は23%減の294万台 コロナ打撃、2年連続で前年割れ(01/15)

12月の二輪販売は7%増、5カ月連続プラス(01/15)

車業界、鉄鋼不足で1~3月は最大2割減産も(01/15)

マヒンドラの北米子会社、従業員の半数を削減(01/15)

メルセデス、21年は15モデルの発売を計画 (01/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン