• 印刷する

証券担保型オペ、上半期は2.6倍=中銀

カンボジア中央銀行は、現地通貨リエルの流動性を高める目的で導入した証券担保型流動性供給オペレーション(LPCO)で、2018年1~6月に2,380億リエル(約65億2,400万円)以上を供給した。供給量は前年同期から2.6倍に拡大した。クメール・タイムズ(電子版)が27日伝えた。

商業銀行やマイクロファイナンス(小口金融)機関など、昨年同期の2倍となる計8社に、金利2.6~3.07%でリエルを供給した。中銀は今年3月、1年のみだった償還期間に3カ月と6カ月を追加している。

中銀のチア・セレイ事務局長によると、金融機関からの今年のリエル需要は4兆リエル。同事務局長は、引き続きリエルの利用拡大に向けた啓蒙活動などを行う方針を示した。

中銀は金融機関に対し、19年12月末までに融資の1割以上をリエル建てにすることを求めている。


関連国・地域: カンボジア
関連業種: 金融マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

EUの制裁検討に強硬姿勢 国際協力相、ASEMで反発(10/23)

携帯スマートの経済貢献拡大 17年は3.4億ドル、納税額は最大(10/23)

プノンペン特区社、増資で985万ドル調達(10/23)

1~9月ゴム輸出量22%増、価格は下落(10/23)

対ロシア債務、「投資」に変更で合意(10/23)

商業相、米労働協会に投資呼び掛け(10/23)

フン・セン首相、元野党党首との交渉拒否(10/23)

宝飾の六福、7~9月は既存店14%増収(10/23)

EU制裁検討は「心理戦」 フン・セン首相、強気の姿勢維持(10/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン