北朝鮮がラオスへ見舞い電、ダム決壊受け

【平壌共同】北朝鮮の朝鮮中央通信は27日までに、ラオス南部アッタプー県で建設中のダムが決壊し多数の死者、行方不明者が出たことを巡り、北朝鮮の金永南最高人民会議常任委員長がラオスのブンニャン国家主席に見舞い電を送ったと報じた。 北朝鮮とラオスは友好関係を続けている…

関連国・地域: ラオス
関連業種: 社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

中老鉄路の要員採用、応募者の条件を発表(01/17)

明電舎、越の配電盤社に出資 日越でメコン電力安定供給を支援(01/17)

南シナ海など討議、ASEAN外相会議(01/17)

自動車輸出入と販売、組立は別事業=首相令(01/16)

ラオスからの電力300万kW購入、選定開始(01/16)

不発弾除去後に開発も、日本企業の協力訴え(01/15)

ムーディーズ、ラオスに「B3」の格付け(01/15)

象牙持ち出し疑い、ラオス国籍の男逮捕(01/15)

財政安定へ7提言、JICA実施の共同研究(01/14)

通貨キープと人民元、直接交換を開始へ(01/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン