• 印刷する

オネストビー、日本のスーパーチェーンと提携

利用者の代わりに買い物するオネストビーのコンシェルジュショッパー(オネストビー提供)

利用者の代わりに買い物するオネストビーのコンシェルジュショッパー(オネストビー提供)

スーパーマーケットチェーンのライフコーポレーション(東京都台東区)は25日、食糧雑貨などの買い物代行サービスを手掛けるシンガポールのオネストビーと提携すると発表した。オネストビーのサービスを通じて買い物ができる店舗に、東京・新宿の「ライフ若松河田駅前店」が26日から追加される。

ライフは首都圏と大阪周辺の8都府県で266店舗を展開。このうち47店舗で開設しているネットスーパーの利用者が年々増加していることから、オネストビーの買い物代行サービスを通じて、ネットスーパーを利用できない地域の顧客にも、同様のサービスを提供する考えだ。今後も対象店舗を増やしていく計画という。

オネストビーの日本法人は、店舗から5キロメートル圏内を対象に買い物代行サービスを提供。利用者が専用サイトで商品を注文すると、買い物代行スタッフ「コンシェルジュショッパー」が指定された場所と時間で買い物をし、商品を届ける仕組みだ。最短1時間で配送可能という。

オネストビーは東京急行電鉄系のスーパー、東急ストアとも提携。現在、シンガポール、日本を含め世界8カ国・地域で展開している。


関連国・地域: シンガポール日本
関連業種: 食品・飲料運輸IT・通信小売り・卸売り

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:「結構小さい施設なのに…(09/26)

新イノベーションセンター開所 NEC、セキュリティー技術紹介(09/26)

マリーナスクエアの日本食品売り場が閉鎖(09/26)

駐輪場でのQRコード読み取り義務化、1月から(09/26)

通販特典ショップバック、比ユーザー拡大へ(09/26)

チャンギ空港、エネルギー効率化事業を推進(09/26)

塩素漏れで罰金20万Sドル、化学企業に(09/26)

IMDA、保険業界のデジタル化で4者と連携(09/26)

【予定】26日 日米首脳会談ほか(09/26)

米中貿易摩擦、石化各社も東南アにシフト推進(09/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン