• 印刷する

通信2社、コンポンチュナンで基地局整備

カンボジアの携帯電話サービス大手スマート・アクシアタとベトナムの同業ベトテルは、中部コンポンチュナン州でそれぞれ基地局の建設に着手した。クメール・タイムズ(電子版)が23日に伝えた。

両社の基地局整備には、政府が地方の通信インフラ整備を目的に設立した「ユニバーサル・サービス義務基金(USO基金)」を活用する。スマートのトーマス・フント最高経営責任者(CEO)は「今後も通信網の整備を促進していく」と説明した。

通信企業はUSO基金に対し、売上高の2%を支払う義務を負っている。トラム・イウテック郵政相は、コンポンチュナン州のほか南部カンダル州、シアヌークビル州、南西部コッコン州でもUSO基金を活用し、優先的に通信網の整備を進める方針を示している。

カンボジア通信監督機構(TRC)によると、17年のインターネット利用者数は前年比6.3%増の850万人。携帯電話やモバイル機器の通信接続に使用するSIMカードからのネット接続は34%増の1,070万人だった。


関連国・地域: ベトナムカンボジア
関連業種: IT・通信

その他記事

すべての文頭を開く

国道1号線の地下道建設、事業化調査を実施(08/21)

【日韓対立】日韓企業62%「実害を懸念」 収束見通し、日系が悲観的見方(08/21)

台湾系縫製GTI、4~6月期は83%増収(08/21)

EU、持続可能な漁業支援に140億円(08/21)

テイクオフ:連休を利用して世界遺産…(08/20)

Jトラスト、ANZロイヤル銀の買収完了(08/20)

カジノのナガ3号館、9月下旬に着工予定(08/20)

インフラ開発など、3年で145億ドル投資へ(08/20)

政府主導の公認ECサイト、16日に正式始動(08/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン