• 印刷する

アジア大会期間中、高速道路19区間を閉鎖

インドネシア運輸省所管のジャカルタ首都圏交通機構(BPTJ)は21日、8月18日に開幕するアジア大会に合わせて、ジャカルタ首都圏の高速道路出入り口19区間を閉鎖すると発表した。選手村と競技場間の円滑な交通環境の実現を図る。

北ジャカルタ・西アンチョールなど10区間では午前6時~午後5時、西ジャカルタ・グドンパンジャンなど9区間では正午~午後9時の時間帯で高速道路の出入り口を閉鎖する。

BPTJは数カ月前からアジア大会開催期間における交通状況について調査を行っており、主要一般道での車両ナンバー規制のみでは交通渋滞の緩和が不十分との結果が出たことから、高速道路の一部閉鎖を決定したと説明した。大会期間中は約1万5,000人が中央ジャカルタ・クマヨランの選手村に滞在し、8カ所の競技場へ移動する。

一部の地元メディアは先に、大会期間中に首都圏の高速道路40区間が閉鎖されると報じていたが、BPTJはこれを否定。実施期間などの詳細については、警察や公共事業・国民住宅省など関係各所と協議を進めるとしている。


関連国・地域: インドネシア
関連業種: 運輸マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

トヨタ販社が新アプリを発表 デジタル化拡大、非所有者も利用(12/06)

第一生命、経営者保険販売でりそな銀と提携(12/06)

再生可能エネ発電、25年に全体の23%へ(12/06)

外貨建て輸出入額の報告義務化、20年から(12/06)

ガルーダ航空社長を解任、バイク密輸か(12/06)

MRT、コタまで延伸すれば乗客数倍増(12/06)

国内線の航空運賃、月~木曜に3割減へ(12/06)

LRT東ブカシ駅の集合住宅、22年引き渡し(12/06)

国鉄南線延伸で5駅新設、日本製車両採用(12/06)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン