《知財》地域の統合、密輸も増える 模倣との闘い(上)9割は中国製

模倣品天国と言われるタイで、知的財産の保護をめぐる闘いに、新たな試練が生じている。インドシナ半島の交通網整備による地域統合や、インターネットの普及。時代の変遷と技術の発達が、違法行為の追い風となり、模倣品の9割は中国製とされる。その現状を、2回に分けて報告する…

関連国・地域: タイ
関連業種: 運輸小売り・卸売りマクロ・統計・その他経済社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

住商系がEMS工場を開所 タイ国境で、取り巻く環境改善も(12/10)

人権法、東南アの香港投資に影響なし=政府(12/10)

照明のリグマン、首都に旗艦店をオープン(12/10)

テイクオフ:ミャンマーのヤンゴン国…(12/09)

電子部品3Q決算は5割減益 米中摩擦で打撃、他業種へ投資も(12/09)

JBIC、EMSの堅田電機に1億円融資(12/09)

東南アの20年成長率4.5%維持=欧社予測(12/09)

ホンダの新型シティ、1週間で2千台超受注(12/09)

自動車買い替え優遇策、16日に官民が協議(12/09)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン