《知財》地域の統合、密輸も増える 模倣との闘い(上)9割は中国製

模倣品天国と言われるタイで、知的財産の保護をめぐる闘いに、新たな試練が生じている。インドシナ半島の交通網整備による地域統合や、インターネットの普及。時代の変遷と技術の発達が、違法行為の追い風となり、模倣品の9割は中国製とされる。その現状を、2回に分けて報告する…

関連国・地域: タイ
関連業種: 運輸小売り・卸売りマクロ・統計・その他経済社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

PTT小売子会社、コーヒー事業会社を買収(17:23)

投資委、タイのメディカルハブ化を推進(15:53)

テイクオフ:優に100人以上は座れ…(12/02)

有望国、越が7年連続首位 中国も人気根強く=中小企業調査(12/02)

【月次リポート】自動車ニュース(11月) 中国、25年に新エネ車20%目標に(12/02)

PHV・EVの選択肢広がる 各社が新型車投入、エキスポ開幕(12/02)

ダイヤモンド電機、東部に生産機能を集約(12/02)

タイPTT合弁事業など5件認可、投資委(12/02)

運輸省、LPGタクシーの配車アプリ導入へ(12/02)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン