• 印刷する

テイクオフ:シンガポールで迷彩服を…

シンガポールで迷彩服を着た兵士を見掛けるのはさほど珍しくない。日本では見慣れない姿に最初はハッとしたものだが、しばらくするとなんとも思わなくなった。

世界的に徴兵制は廃止される傾向にあるものの、シンガポールではいまだに健在。男性は2年間、兵役に就かねばならず、その後も通常は40歳まで毎年予備役に駆り出される。東京23区ほどの小さな国を守るためにはやむを得ないことと、多くの国民も受け入れているようだ。

ただ、こうした制度が若者の夢に障害となることも。17歳のサッカー選手、ベンジャミン・デービス君はこのほどイングランド・プレミアリーグのクラブ、フラムと選手契約を締結。シンガポール人で同リーグに加入するのは初の快挙だが、国防省は「個人的な問題」として兵役の猶予申請を却下した。国と個人。やりたいことが自由にできる日本の若者は、恵まれていると言うべきだろうか。(墺)


関連国・地域: シンガポール日本欧州
関連業種: 政治社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

機械用のフィットビット提供 地場オーク、産業用IoTを展開(10/19)

【アジア三面記事】未亡人の霊?現れる(10/19)

タダノ、海外向け部品供給センター設立(10/19)

車両購入権の割り当て、11~1月は9%増(10/19)

政府、セントーサ島とブラニ島を再開発へ(10/19)

OKウェイヴ、ブロックチェーン関連で受注(10/19)

産業ボイラー三浦、シンガ現法が駐在所(10/19)

スターハブ、プリペイド携帯で通話かけ放題に(10/19)

フラトンホテル、シドニーに海外1号店(10/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン