• 印刷する

BMWがインド産バイク発売、50万円から

独高級車大手BMWの二輪車部門「BMWモトラッド」は18日、インド国産の二輪車2モデルを発売した。生産は提携相手であるインドの同業、TVSモーターが請け負う。排気量313ccで販売価格は29万9,000ルピー(約49万円)からと、米国の競合他社のインド産バイクよりも安価に設定。インド人消費者の取り込みを狙う。19日付タイムズ・オブ・インディアなどが伝えた。

発売したのは「G310R」(販売価格29万9,000ルピー)と「G310GS」(同34万9,000ルピー)で、最高時速は143キロメートル。BMWモトラッドがミュンヘンで開発した。TVSモーターは同2モデルを、南部タミルナド州のホスール工場で生産する。

BMWモトラッドは排気量310ccクラスの二輪車の輸出を開始しており、欧州と北米、ロシア、中国などで直近の1年間で約2万台を販売した。国産モデルの投入により、インドでも同クラスの拡販を進める考えだ。

BMWモトラッドは2011年から代理店を通じてインドで二輪車を販売していたが、本格参入を見据えて昨年4月に、インド子会社を設立した。今回発売した2モデルを含め、計16モデルを販売。昨年4~12月の販売実績は252台、今年1~3月は248台となっている。

BMWとTVSモーターは13年に、二輪車の共同開発・生産で長期的に協力することで合意。TVSモーターは提携の成果として昨年12月に、BMWモトラッドとの共同プラットフォームを採用した第1弾モデル「TVSアパッチRR310」を発売した。


関連国・地域: インド欧州
関連業種: 自動車・二輪車

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:インド5州の州議会選の…(12/13)

モディ政権、来年総選挙に逆風 5州議会選で与党全敗(12/13)

中銀新総裁「元官僚は最適でない」、専門家(12/13)

インド大統領、チャオピュー深海港で懸念か(12/13)

タタ自の世界販売、11月は7%減10.5万台(12/13)

インド人、到着ビザでの入国可能に(12/13)

欧州ビール大手マオウ、ベンガルール参入(12/13)

製薬オーロビンド、中国で吸入器の合弁(12/13)

エイスース、印スマホ市場でシェア10倍目標(12/13)

中国半導体ユニソック、来年の2割増収視野(12/13)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン