中租、彰化県の太陽光発電設備を一般販売

リース台湾最大手の中租控股(チャイリース・ホールディング)の陳鳳龍董事長は16日、彰化県大城郷にある太陽光発電事業を投資商品化して一般市民に販売すると発表した。今年3月に続く2度目の販売で、内部収益率(IRR)は前回同様、4.25~4.26%を見込む。 工商時報など台湾…

関連国・地域: 台湾
関連業種: 金融電力・ガス・水道


その他記事

すべての文頭を開く

台北電脳公会、5Gの垂直応用連盟発足(12:44)

テイクオフ:台湾の中秋節といえば焼…(09/17)

【業界探訪】訪日台湾人、今年500万人へ 雄獅旅行社の游国珍総経理に聞く(09/17)

1~7月の光学レンズ輸出額、初の日本超え(09/17)

NNA創業30周年、東京で記念レセプション(09/17)

聯発科技、20年に5Gチップ6000万出荷へ(09/17)

二輪車の貨物税、125cc以下は減税5000元(09/17)

卜蜂が飲食業参入、台中にフライドチキン店(09/17)

〔政治スポットライト〕豪首相、13年ぶりに米国公式訪問(09/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン