中租、彰化県の太陽光発電設備を一般販売

リース台湾最大手の中租控股(チャイリース・ホールディング)の陳鳳龍董事長は16日、彰化県大城郷にある太陽光発電事業を投資商品化して一般市民に販売すると発表した。今年3月に続く2度目の販売で、内部収益率(IRR)は前回同様、4.25~4.26%を見込む。 工商時報など台湾…

関連国・地域: 台湾
関連業種: 金融電力・ガス・水道


その他記事

すべての文頭を開く

多結晶シリコンの宝徳電化、破産を申請へ(12:42)

【ダイヤモンド・オンライン】アップル新型肺炎で苦境、「最強調達戦略」はここまで中国に依存していた(15:01)

(表)世界の新型肺炎感染者数(26日正午) 山東省で日本からの訪問者隔離措置(02/27)

テイクオフ:台湾のハイテク産業の充…(02/27)

【肖像】台湾初の無人縫製工場 意創坊国際の陳志軒董事長(02/27)

韓国大邱からの入国禁止 新型肺炎急増で、全土に拡大も(02/27)

1~2月のFDI認可額、24%減の65億ドル(02/27)

国巨、「在庫日数が過去10年で最低に」(02/27)

台湾の美隆工業、中国工場をスバン県に移転(02/27)

中鴻、鋼材価格を3カ月連続引き上げ(02/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン