• 印刷する

【アジアインタビュー】 BNK48「夢はタイと日本を結ぶアイドル!」

アイドルグループAKB48の海外姉妹グループとして、タイの首都バンコクを拠点に活動をするBNK48。昨年夏にデビューを飾るや否や、タイで社会現象的人気を巻き起こしている彼女たちが東京の「タイフェスティバル」に出演するため来日した。国民的アイドルの素顔に迫った。(文・写真=NNA東京編集部 古林由香)

【Profile】2017年2月に第1期生が公開され、同年8月に『会いたかった』でCDデビュー。9本のCMに出演するほか、『恋するフォーチュンクッキー』のCD売り上げが3万枚超を記録するなど、タイで社会現象的人気を巻き起こしている

【Profile】2017年2月に第1期生が公開され、同年8月に『会いたかった』でCDデビュー。9本のCMに出演するほか、『恋するフォーチュンクッキー』のCD売り上げが3万枚超を記録するなど、タイで社会現象的人気を巻き起こしている

──5月12・13日に開催された「タイフェスティバル」では、『会いたかった』タイ語版など4曲を披露しましたが、エネルギッシュなパフォーマンスが印象的でした

チャープラン ありがとうございます! BNK48は見た目のかわいらしさだけではなく、弾けるようなエネルギーを持っているのが特長だと自負していて、ダンスは先輩のAKB48さんに負けないつもりで頑張っています。

モバイル BNK48は現在、研究生も合わせて50人ほどのメンバーがいるんですが、みんなとっても個性的なんです。でも、ステージでパフォーマンスをする時は息をぴたりと合わせ、統一感のあるダンスをお見せできるのが私たちの強みだと思います。

ジェニス それができるのは、BNK48のチームワークがいいからこそ(笑)。

イズリナ AKB48ももちろんチームワークは良かったですが、BNK48はより一層「みんなで一緒に頑張ろう」という雰囲気があるんです。メンバー間の仲が本当に良くて、ファミリーのような感覚がありますね。

──タイの音楽業界には多数のアイドルグループが存在し、ここ数年は韓国のK─POPも人気ですが、日本のAKB48の流れを汲んだBNK48のオーディションを受けたきっかけは?

チャープラン 私はもともと科学者を目指していたんですが、コスプレが趣味だったこともあり、日本の芸能文化に興味を持ったのがきっかけです。

ミュージック AKB48さんのアニメ『AKB0048』でファンになったのがきっかけです。バンコクに海外姉妹グループができると聞いて、この機会を逃したくないとオーディションを受けました。

パン 私は小さな頃から歌やダンスが大好きで、カバーダンスのチームに所属していた流れでオーディションを受けました。J─POPについてはあまり詳しくなかったので、加入してからいろいろ覚えました。

ジェニス 私を含め、多くのほかのメンバーも「日本発祥のアイドルだから」というより、アイドルになりたい一心でオーディションを受けました。パフォーマンスではタイと日本の感覚をミックスするようにしていて、それが“新しい”と多くの人の心を捉えることができたのかなぁと思います。

モバイル タイでは相変わらず韓国出身のアイドルが人気ですが、K─POP特有の激しいダンスに負けないよう、私たちもパフォーマンスに力を注いでいます。

チャープラン(22)
バンコク出身。キャプテン。国立マヒドン大学で学ぶ才女

チャープラン(22) バンコク出身。キャプテン。国立マヒドン大学で学ぶ才女

イズリナ(伊豆田莉奈)
(22)埼玉出身。AKB48から17年7月に移籍

イズリナ(伊豆田莉奈) (22)埼玉出身。AKB48から17年7月に移籍

ジェニス(17)
ペチャブリ出身。副キャプテン。漆黒のロングヘアが目印

ジェニス(17) ペチャブリ出身。副キャプテン。漆黒のロングヘアが目印

パン(17)
バンコク出身。クールな笑顔とパワフルなダンスが特長

パン(17) バンコク出身。クールな笑顔とパワフルなダンスが特長

ミュージック(17)
バンコク出身。『会いたかった』『初日』のセンター

ミュージック(17) バンコク出身。『会いたかった』『初日』のセンター

モバイル(15)
バンコク出身。『恋するフォーチュンクッキー』のセンター
※カッコの年齢は18年7月2日現在

モバイル(15) バンコク出身。『恋するフォーチュンクッキー』のセンター ※カッコの年齢は18年7月2日現在

──イズリナ(伊豆田莉奈)さんは、AKB48からBNK48に移籍し約1年が経ちました

イズリナ 当初はタイ語がほとんど話せなかったのですが、「日本ではどう練習しているの?」「どうやったらかわいく見えるの?」とか、初めからみんなグイグイと質問してくれたのが印象的でした(笑)。言葉ができず申し訳ない気持ちでいっぱいだったんですが、お互いの文化や言葉を教え合っているうちに自然と仲が深まりました。私のタイ語も少しずつ上達しているんじゃないかと思います。

──今後の活動目標は?

チャープラン うれしいことに最近、日本のファンの方も増えてきているんです。今後も日本とタイを結ぶイベントに積極的に出演して、日本でもBNK48のパフォーマンスを認めてもらえるよう、頑張ります。

<囲み>

「タイフェス」report

何度か来日しているBNK48だが、人気上位メンバー6人による公演とあり、会場の代々木公園の野外ステージには数千人のファンが詰めかけた。メンバーは日本語のMCを交えながら4曲を熱唱し、会場を盛り上げた。日本人とタイ人の両親を持つ女子中学生は「これまでタイにいなかったタイプのアイドル。女性ファンも多く、10代の女の子の憧れ的存在です」と興奮。20代の日本人男性も「ほかの姉妹グループと比べても、パフォーマンスのレベルが高く、魅力的なメンバーが多い」と絶賛していた。

※特集「アジアインタビュー」は、アジア経済を観るNNAのフリー媒体「NNAカンパサール」2018年7月号<http://www.nna.jp/nnakanpasar/>から転載しています。


関連国・地域: タイ日本
関連業種: メディア・娯楽マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

比航空HD、増資を計画 287億円、ANAHDの比率低下へ(10/18)

【書籍ランキング】9月30日~10月6日(10/18)

9月の乗用車販売、4割減 人気モデルの納車待ち解消されず(10/18)

【この人に聞く】コロナ下でも10%増収へ タカギセイコー合弁、減税効果も(10/18)

IT最新技術の研修施設、日本支援で設置(10/18)

トヨタ、11月は10万~15万台減産(10/18)

9月の二輪販売、17%減の153万台(10/18)

日鉄が中国勢に徹底抗戦、脱炭素技術の覇権争い(10/18)

ドンドンドンキ、東部タンピネスに11号店(10/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン