• 印刷する

阪急阪神不動産、開発中コンドの詳細発表

阪急阪神不動産(大阪市)は12日、タイの首都バンコクで記者会見を開き、現在開発中のコンドミニアム(分譲マンション)「ピティ・エカマイ」の間取りや価格などの詳細を発表した。同社は住宅需要が増加するタイへの投資を加速させる方針で、近くタイで5件目となるプロジェクトを発表することも明らかにした。

ピティ・エカマイは、阪急阪神不動産と地場のセナ・デベロップメントが合弁で手掛ける3件目のコンドミニアムで、バンコクのエカマイ地区に建設中。事業総額は50億バーツ(約169億円)になる。

37階建て、総戸数897戸で、販売価格は1平方メートル当たり17万バーツ。部屋タイプは1ベッドルーム(29~40平方メートル)と2ベッドルーム(50~64平方メートル)の2種類で、最低販売価格は445万バーツから。コンビニエンスストアなど小売店3店も入居する予定で、2021年の完工を予定している。

阪急阪神不動産の久須勇介副社長はNNAなどに対し「今後は住宅開発にとどまらず、商業施設やオフィス開発なども手掛けていきたい」と述べ、タイ市場でのさらなる事業機会を模索する方針を明かした。

同社は16年からタイで住宅開発を手掛けており、現在までに4つのプロジェクトを発表している。

東南アジア諸国連合(ASEAN)諸国では、ベトナム、タイ、インドネシア、フィリピン、マレーシアで住宅事業を展開。17年の同5カ国への総投資額は200億円強で、そのうち最も多く投資したのはタイ市場だった。

阪急阪神不動産の久須副社長はバンコクで開発中のコンドミニアム「ピティ・エカマイ」の詳細を発表した=12日、バンコク(NNA撮影)

阪急阪神不動産の久須副社長はバンコクで開発中のコンドミニアム「ピティ・エカマイ」の詳細を発表した=12日、バンコク(NNA撮影)


関連国・地域: タイ日本
関連業種: 建設・不動産

その他記事

すべての文頭を開く

年末年始、慎重な支出続く 官民が消費喚起も伸びは4%見込(12/14)

商務省、中国の越境EC会社と提携(12/14)

ビッグC、データ分析でニールセンと提携(12/14)

【アジア三面記事】救急車はどこに消えた(12/14)

沖縄の商社、地場輸入卸と資本業務提携(12/14)

ディーン&デルーカ、仏ラガルデールにFC(12/14)

19年は電動車の販売増加=カシコンリサーチ(12/14)

イタルタイ、タダノのトラッククレーン発売(12/14)

サイアムセメント、バングラに合弁設立(12/14)

通信トゥルー、電子決済企業の保有株を売却(12/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン