• 印刷する

中高齢者の就業支援法、労働部が草案

台湾労働部(労働省)は12日、中高齢者の就業支援を目的とした「中高齢者および高齢者就業法」の草案の予告を公表した。9月11日までパブリックコメントを受け付ける。

草案は計8章45条から成り、第13条には「年齢によって求職者・被雇用者の待遇に差をつけることの禁止」が盛り込まれた。他の法令や職務上の必要性に基づく正当な理由がない限り、採用や配置、教育、給与、解雇などの場面で、年齢を理由に待遇に差をつけることを禁止する。違反した雇用者には30万~150万台湾元(約110万~551万円)の罰金を科し、氏名または単位などを公表した上で改善を求めるとした。

草案にはそのほか、◇中高齢者の被雇用者の年齢による心身能力の低下を鑑み、職務内容の考慮や訓練に加え、家庭や健康などの状況に合わせた措置を提供する◇職業訓練によって中高齢者の職業能力の向上と就業を促進する◇高齢退職者の再就職を支援するためのシルバー人材センターを設置する――ことなどが盛り込まれた。

労働部は、台湾では少子高齢化の加速で将来の労働力不足が懸念される一方、日本や韓国、米国に比べ中高齢者の就労率が低いとし、「中高・高齢者の労働力の活性化が重要な課題」と強調している。同法令で中高齢者の労働環境を整え、労働力不足改善の一助とする考え。


関連国・地域: 台湾
関連業種: マクロ・統計・その他経済雇用・労務

その他記事

すべての文頭を開く

同じ味とサービスが信頼の証 ココの立役者、林家振総経理に聞く(12/14)

少子化対策に労働時間削減を、林総経理の提言(12/14)

米中貿易戦争、「日台半導体メーカーに商機」(12/14)

聯華電子が生産能力拡張、274億元投資(12/14)

パネル産業は「供給過剰で苦境」、PIDA(12/14)

遠伝、5Gのパイオニアチームを発足(12/14)

晟徳、バイオ・医療創業プラットフォーム設置へ(12/14)

京華城の入札不調に、応札者現れず(12/14)

日本信義、新ブランド「SJホーム」立ち上げへ(12/14)

台電、台北市松山区の住宅地を再開発(12/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン