ニッケル鉱輸出量、今年は前年割れの見込み

フィリピン・ニッケル産業協会(PNIA)は、フィリピンからのニッケル鉱の輸出量が、今年は前年割れの3,000万~3,500万湿トン(WMT)になるとの見通しを示した。2017年は3,600万WMTだった。ニッケル鉱の取引価格の下落や、インドネシアの禁輸措置緩和により、各社が低品位…

関連国・地域: フィリピン
関連業種: 鉄鋼・金属天然資源マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:マレーシア、タイ、シン…(11/21)

南シナ海の資源共同開発に合意 中国と首脳会談、29件の協力文書(11/21)

世界最大規模、イケア1号店20年に開業(11/21)

日本フルハーフ、来年に冷蔵車ボディー生産(11/21)

第3の通信会社、中国電信連合に決定(11/21)

20日為替:$1=52.390ペソ(↑)(11/21)

10月国際収支、赤字幅は4.6億ドルに縮小(11/21)

国内たばこ最大手、紙巻き事業中止を検討(11/21)

ジョリビー、世界上位目指し北米出店を加速(11/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン