ニッケル鉱輸出量、今年は前年割れの見込み

フィリピン・ニッケル産業協会(PNIA)は、フィリピンからのニッケル鉱の輸出量が、今年は前年割れの3,000万~3,500万湿トン(WMT)になるとの見通しを示した。2017年は3,600万WMTだった。ニッケル鉱の取引価格の下落や、インドネシアの禁輸措置緩和により、各社が低品位…

関連国・地域: フィリピン
関連業種: 経済一般・統計鉄鋼・金属天然資源


その他記事

すべての文頭を開く

ICTSI、スーダン港運営で優先交渉権(15:23)

テイクオフ:マニラ教会の前で服の裾…(07/16)

【人事】Gunosy社長に竹谷祐哉氏ほか(07/16)

公共EV、自治体で導入進む 日系含む新興メーカーが売り込み(07/16)

【予定】16日 米ロ首脳会談ほか(07/16)

太陽光で電動三輪充電、自治体に設備設置へ(07/16)

東南アの車生産、5月は5.7%増の37万台(07/16)

鶴丸饂飩本舗、アジア初展開へ(07/16)

デロイトトーマツ、アジア太平洋での展開加速(07/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン