サムスン、ティア1企業増加に向け人材育成

韓国のサムスン電子の現地法人サムスン電子ベトナム(SEV)は、今年末までにベトナム国内の一次下請け(ティア1)企業を現在の29社から35社に増やす方針だ。2019年に42社、20年には50社を目標に掲げている。11日付ベトナム・ニュース(VNS)が報じた。 同社はこれまでにも…

関連国・地域: 韓国ベトナム
関連業種: IT・通信


その他記事

すべての文頭を開く

多様化が進む越の訪日市場 観光客の増加率、ASEAN最大(11/13)

アジア景気は持ち直し傾向 三井住友銀などセミナー開催(11/13)

ベトナム、CPTPPの手続き完了(11/13)

ビンF、ペトロリメとも電動インフラで提携(11/13)

HCM市、公共交通の統一カードを整備(11/13)

台プラの越製鉄所、3号炉計画を検討へ(11/13)

運輸省、航空会社の事業条件を緩和へ(11/13)

岩谷産業、ホーチミン支店が業務開始(11/13)

陶器ビグラセラ、オンラインショップ開設(11/13)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン