サムスン、ティア1企業増加に向け人材育成

韓国のサムスン電子の現地法人サムスン電子ベトナム(SEV)は、今年末までにベトナム国内の一次下請け(ティア1)企業を現在の29社から35社に増やす方針だ。2019年に42社、20年には50社を目標に掲げている。11日付ベトナム・ニュース(VNS)が報じた。 同社はこれまでにも…

関連国・地域: 韓国ベトナム
関連業種: IT・通信


その他記事

すべての文頭を開く

広告支出、18年は29億ドルに TV主流も効果ではSNSが優位(09/20)

南北高速道路、一部で来年着工へ=運輸省(09/20)

ベトナム航空、機内販売で香港企業と提携(09/20)

フーイエン―ザーライ道路、BT方式で建設(09/20)

【予定】20日 東京ゲームショウ2018ほか(09/20)

ビナラインズの港湾売却に不正、差し戻しへ(09/20)

【訃報】鳥羽雄一氏(元日本カーボン社長)ほか(09/20)

韓国SK、マサンに4.7億ドル出資(09/20)

日鉄住金物産、建材加工QHプラスに出資(09/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン