• 印刷する

中国の自転車シェアofo、インドから撤退

中国の自転車シェアリングサービス大手、北京拝克洛克科技(ofo)が、インドでのサービスを終了することが分かった。年初のサービス開始からわずか半年での撤退となる。ビジネス・スタンダード(電子版)が11日に伝えた。

同社幹部が明らかにした。海外戦略で展開都市の縮小を掲げており、インド撤退はその一環となる。

ofoは首都ニューデリー、中部インドール、西部のアーメダバード、プネ、南部のベンガルール(バンガロール)、コインバトール、チェンナイの7都市にシェア自転車を投入していたが、コインバトールでのサービスは6月中に終了した。その他6都市でのサービスも、60日以内に終了する。

ofoは今年2月時点で世界21カ国の250都市で1,000万台の自転車を使ってサービスを展開していた。海外戦略に沿って、インドのほかにオーストラリアからも撤退する予定という。


関連国・地域: 中国インド
関連業種: 運輸IT・通信サービス

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:日本に一時帰国した後、…(09/25)

今年のEV販売、二輪中心に7万台超の予測(09/25)

【予定】25日 日米欧貿易相会合ほか(09/25)

タタ傘下の英ジャガー、10年ぶり販売減少も(09/25)

伊ピアジオ、電動三輪車を来年投入(09/25)

車保険の最低補償、150万ルピーに引き上げ(09/25)

農機賃貸仲介サービス、TAFEが全国展開(09/25)

屋上型の太陽光設備、中国大手が参入(09/25)

太陽光事業、売電価格上限は維持見通し(09/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン