サンミゲル、ボラカイ島の橋建設を提案

フィリピンの財閥サンミゲル・コーポレーション(SMC)は、ボラカイ島とその玄関口カティクラン空港のあるパナイ島を結ぶ橋の建設を計画している。官民連携(PPP)事業を政府に持ち掛ける「アンソリシテッド・プロポーザル」を提出する方針で、総工費は30億ペソ(約62億円)…

関連国・地域: フィリピン
関連業種: 電力・ガス・水道建設・不動産運輸・倉庫観光・娯楽社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

ICTSI、スーダン港運営で優先交渉権(15:23)

テイクオフ:マニラ教会の前で服の裾…(07/16)

【人事】Gunosy社長に竹谷祐哉氏ほか(07/16)

公共EV、自治体で導入進む 日系含む新興メーカーが売り込み(07/16)

【予定】16日 米ロ首脳会談ほか(07/16)

太陽光で電動三輪充電、自治体に設備設置へ(07/16)

東南アの車生産、5月は5.7%増の37万台(07/16)

鶴丸饂飩本舗、アジア初展開へ(07/16)

デロイトトーマツ、アジア太平洋での展開加速(07/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン