サンミゲル、ボラカイ島の橋建設を提案

フィリピンの財閥サンミゲル・コーポレーション(SMC)は、ボラカイ島とその玄関口カティクラン空港のあるパナイ島を結ぶ橋の建設を計画している。官民連携(PPP)事業を政府に持ち掛ける「アンソリシテッド・プロポーザル」を提出する方針で、総工費は30億ペソ(約62億円)…

関連国・地域: フィリピン
関連業種: 建設・不動産運輸観光マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:アラフィフという年のせ…(09/20)

17年の結核患者1千万人、30年終息遠い=WHO(09/20)

空港開発4事業で2.8兆円 首都圏の能力7倍、年2.5億人に(09/20)

複合AGI、首都圏モノレール第2弾を検討(09/20)

財閥アヤラ、通販ザロラの物流部門を独立(09/20)

上位中所得国入り、前倒しで来年実現も(09/20)

【予定】20日 東京ゲームショウ2018ほか(09/20)

インフレ率は4Qに低下見通し、中銀副総裁(09/20)

【訃報】鳥羽雄一氏(元日本カーボン社長)ほか(09/20)

19日為替:$1=53.990ペソ(↑)(09/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン