サンミゲル、ボラカイ島の橋建設を提案

フィリピンの財閥サンミゲル・コーポレーション(SMC)は、ボラカイ島とその玄関口カティクラン空港のあるパナイ島を結ぶ橋の建設を計画している。官民連携(PPP)事業を政府に持ち掛ける「アンソリシテッド・プロポーザル」を提出する方針で、総工費は30億ペソ(約62億円)…

関連国・地域: フィリピン
関連業種: 建設・不動産運輸観光マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

ティーライブ、ミャンマーで年内に5店開業(13:00)

ベトナム系配車が東南ア展開 ファストゴー「21年に域内3位」(08/23)

日比LNG計画で延長申請 調整に時間、23年稼働は維持(08/23)

フィリンベスト、日立系と水処理で合弁(08/23)

独メルセデス、現地工場から比へ輸出開始(08/23)

半導体ローム、車載液晶向け新IC生産(08/23)

人事労務関連法に対応急務、アイキューブ(08/23)

米社の浮体式LNG設備建設、エネ省認可(08/23)

貿産省、輸入セメントの緊急関税額見直し(08/23)

中国企業受注のカリワダム、計画見直しへ(08/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン