サンミゲル、ボラカイ島の橋建設を提案

フィリピンの財閥サンミゲル・コーポレーション(SMC)は、ボラカイ島とその玄関口カティクラン空港のあるパナイ島を結ぶ橋の建設を計画している。官民連携(PPP)事業を政府に持ち掛ける「アンソリシテッド・プロポーザル」を提出する方針で、総工費は30億ペソ(約62億円)…

関連国・地域: フィリピン
関連業種: 建設・不動産運輸観光マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

メラルコ、クラークの配電網整備に21億円(12:39)

テイクオフ:フィリピンでは、199…(03/26)

大塚製薬、SEAゲーム協賛 アジア大会に続きポカリ認知強化(03/26)

農林中央金庫、商銀大手BDOと業務提携(03/26)

25日為替:$1=52.520ペソ(↓)(03/26)

財閥SMの税還付申立て、請求額減額の判決(03/26)

フィリピン航空、デリー直行便の運航延期(03/26)

日産現法、4月1日から新社長に名嶋氏(03/26)

鉄鋼大手スチールアジア、初のカナダ輸出(03/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン