• 印刷する

テイクオフ:「セブーム」が、再びや…

「セブーム」が、再びやってくる――。不動産コンサルのリポートに出てきた言葉、セブーム。気になり調べると、1990年代に起こったセブ州中心部の建設ラッシュをこう呼んだという。今、観光業界を中心に新たな波が押し寄せている。

同州の玄関口である空港では7月1日、国際線専用ターミナルが開業した。世界各地との直行便が増え、観光客の増加につながると期待される。同空港があるマクタン島からセブ本島まで、現在は渋滞が深刻な課題だが、日本の支援で交通インフラに関するマスタープラン(基本計画)が策定されている。

観光客に、日本などからの英会話留学、そしてサービス産業の盛り上がりによる人口流入。「セブーム、きますね?」とある航空会社の担当者に尋ねてみると、「セブームという言葉は知らないです」と返ってきた。20数年ぶりにセブームは定着するか。(弘)


関連国・地域: フィリピン
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

米中貿易戦争、比は年間47億円受益(09/21)

米レミットリー、送金シェア4割めざす(09/21)

DFNN、シンガポールのCYGと合弁へ(09/21)

伝統ジプニー、あと2年で幕 17万台廃車、新PUVの商機に(09/21)

マニラとセブのBRT、運輸省が一転推進へ(09/21)

地方2空港の開発案、運輸省は年内に承認(09/21)

博報堂が2社の株式取得、現地対応力を強化(09/21)

8月の国際収支、8カ月ぶり黒字(09/21)

20日為替:$1=54.075ペソ(↓)(09/21)

首都圏オフィス契約、BPO需要で前年突破(09/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン