18年GDP5.2%増に下方修正 米中摩擦と内政不安視=SERC

マレーシアの社会経済研究センター(SERC)は10日、2018年第2四半期(4~6月期)の経済動向を振り返るとともに、下半期の景況見通しに関する会合を開いた。18年の国内総生産(GDP)成長率を物価変動の影響を除いた実質で前年比5.2%増と、当初予測の5.5%増から下方修正…

関連国・地域: マレーシア
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:高校時代に挫折したテニ…(11/13)

アジア景気は持ち直し傾向 三井住友銀などセミナー開催(11/13)

RM=27.2円、$=4.18RM(12日)(11/13)

国営石油、格付け引下げも財務は盤石と強調(11/13)

船舶燃油ストレーツ、香港同業の株式取得(11/13)

英国企業、第3の国民車構想に関心(11/13)

海運シンヤン、ノースポートと提携(11/13)

エアアジア、「KLIA2手数料」が禁止へ(11/13)

7~9月のサービス業指数、7.8%増(11/13)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン