《知財》フォード、「野馬」の商標権侵害で謝罪

米自動車大手フォード・モーターの中国法人、福特汽車(中国)は9日、自社のウェブサイト上で、スポーツカー「マスタング」を中国で販売する際の中国語名称として「野馬」を用いたことで、四川省成都市の同業、四川野馬汽車が持つ商標権を侵害したことを謝罪する声明を発表した。

10日付四川日報が伝えた。福特汽車はマスタングの中国語名称に「野馬」の呼称を用いていたが、同名のブランドで自動車製品を展開する四川野馬が商標権の侵害だとして2016年、成都市中級人民法院(地裁に相当)に提訴していた。同法院は今年初め、福特汽車側に対して商標権侵害の停止と、四川野馬への賠償を命じる判決を下し、「野馬」を使用することを禁じた。

四川野馬は福特汽車の謝罪声明に対し、同日中に自社ウェブサイトで謝罪を受け入れると発表した。

四川野馬は1980年代の設立で、野馬ブランドの乗用車、商用車、エコカーなどを展開。同社の発表によると、四川野馬が86年に「野馬」の商標を登録したのに対し、フォード側が「福特野馬」を登録したのは06年だった。


関連国・地域: 中国-四川米国
関連業種: 自動車・二輪車政治

その他記事

すべての文頭を開く

ステンレスにAD調査、日本製など=商務省(12:22)

テイクオフ:「入場料120元って日…(07/23)

カー用品市場にアジアが注目 先行するタイ企業など、参入模索(07/23)

首都に新環状道路、中国が2.6億ドル支援(07/23)

【人事】シーアールイー取締役に小泉武宏氏ほか(07/23)

中国本土の103社ランクイン フォーチュン500社番付(07/23)

【予定】23日 大島理森衆院議長が中国訪問ほか(07/23)

米中戦、年末から香港経済打撃か=財政長官(07/23)

銀行の財テク商品、株式投資を解禁へ(07/23)

【訃報】塙昭彦氏(元イトーヨーカ堂専務)(07/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン