• 印刷する

《知財》フォード、「野馬」の商標権侵害で謝罪

米自動車大手フォード・モーターの中国法人、福特汽車(中国)は9日、自社のウェブサイト上で、スポーツカー「マスタング」を中国で販売する際の中国語名称として「野馬」を用いたことで、四川省成都市の同業、四川野馬汽車が持つ商標権を侵害したことを謝罪する声明を発表した。

10日付四川日報が伝えた。福特汽車はマスタングの中国語名称に「野馬」の呼称を用いていたが、同名のブランドで自動車製品を展開する四川野馬が商標権の侵害だとして2016年、成都市中級人民法院(地裁に相当)に提訴していた。同法院は今年初め、福特汽車側に対して商標権侵害の停止と、四川野馬への賠償を命じる判決を下し、「野馬」を使用することを禁じた。

四川野馬は福特汽車の謝罪声明に対し、同日中に自社ウェブサイトで謝罪を受け入れると発表した。

四川野馬は1980年代の設立で、野馬ブランドの乗用車、商用車、エコカーなどを展開。同社の発表によると、四川野馬が86年に「野馬」の商標を登録したのに対し、フォード側が「福特野馬」を登録したのは06年だった。


関連国・地域: 中国-四川米国
関連業種: 自動車・二輪車マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

LCCのセブ航空、4月にセブ―上海便就航(19:28)

化学品の安全徹底を、国務院が緊急通達(21:53)

科技大、本土AI企業と共同研究(20:28)

テイクオフ:「念ずれば通ず」という…(03/26)

BYD、電気バスを日本投入 24年までに1千台、価格に自信(03/26)

電力公社がラオスと買電契約、21年まで(03/26)

保険料率の引き下げ、失業と工傷も=財政相(03/26)

華為、昨年の個人顧客部門は36%成長(03/26)

出産保険と職工医療保険を統合、年内に(03/26)

習氏、米政権をけん制=仏大統領と会談(03/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン