カンポット産コショウ、多雨で生産低迷

カンボジア南部カンポット州は、2018年のコショウ生産量が70~75トンにとどまる見通しだ。降雨量が多く、昨年実績の80トンには届かないとの見方が強まっている。クメール・タイムズ(電子版)が伝えた。 カンポット・コショウ振興協会(KPPA)のノウン・レイ代表は、雨期以外…

関連国・地域: カンボジア
関連業種: 農林・水産


その他記事

すべての文頭を開く

【BOPビジネス解剖】農村部で電力を「共有」へ 起業家の挑戦(上)IoT活用で(04/02)

社会的弱者に広がる生活不安 新型コロナ、国は給付金拡大急ぐ(04/02)

都市封鎖や工場閉鎖はなし、首相が明言(04/02)

世銀、新型コロナで20年成長率は2.5%予測(04/02)

SBI、子会社が商銀ライセンス取得(04/02)

日系がカジノ子会社の株譲渡、コロナ影響で(04/02)

小売ラッキー、非接触型決済システムを導入(04/02)

非常事態宣言、発令向け法整備進める(04/01)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン