ハウザン製薬、外資比率上限を100%に

ベトナムの製薬最大手、ハウザン製薬(DHG)がこのほど、外資出資比率の上限を100%に引き上げる許可を国家証券取引委員会(SSC)から受けたと発表した。4日付トイバオ・タイチン電子版が報じた。 同社の年次事業報告書によれば、現在外資で最大の株主は24.44%を保有する…

関連国・地域: ベトナム日本米国
関連業種: 医療・医薬品


その他記事

すべての文頭を開く

インバウンド切札にIR事業 日系興行大手、越で経験積む(08/20)

ベトナム自動車販売、25年に100万台到達か(08/20)

越航空、ボーイング787―10初号機を受領(08/20)

バンブー航空、就航7カ月で1万便達成(08/20)

南部の工業団地、土地使用料の上昇続く(08/20)

FLC、コントゥム省で都市区レガシー着工(08/20)

JESCO、越でダム観測局の工事受注(08/20)

EVN、傘下ファイナンスの持ち株を売却へ(08/20)

韓国社、スマホ用指紋認識の生産ライン構築(08/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン