• 印刷する

関電など、発電所のAI技術活用へ調査受託

関西電力と三菱日立パワーシステムズは3日、国際協力機構(JICA)から、ミャンマーの発電所を対象にしたモノのインターネット(IoT)や人工知能(AI)技術による設備の維持管理に向けた調査業務を受託したと発表した。日本の技術導入の可能性などを検討する。

両社は、大都市ヤンゴンの火力発電所5カ所、第2の都市マンダレーの水力発電所1カ所を対象に、来年7月までの約1年間で、現状の運営・維持管理調査から、IoT、AI技術を活用した技術提案の策定などを行う。それぞれ社員2人を現地に派遣する計画。

関西電力と三菱日立パワーシステムズは昨年9月、AIを活用した日本の国内外の火力発電所向け運用高度化サービスを協働開発することで基本合意書を交わした。また、関西電力はオーストラリアのブルーウォーターズ発電所向けに、AI技術やIoTを活用したビックデータ分析を行い、設備不具合の予兆を検知できる「早期異常検知システム」を開発した実績がある。

関西電力によると、ミャンマーでは経済成長に伴い、最大電力需要が2020年に400万キロワット(kW)、30年には1,400万kWまで増加すると予測されている。一方、既存の発電所は修理に必要な機器や部品が十分確保できず、運営・維持管理が適切でない状況だという。


関連国・地域: ミャンマー日本
関連業種: 電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

金価格が記録的高値、新型肺炎の感染拡大で(02/28)

国内不動産市場は修正局面 コンサル、総選挙までは様子見(02/28)

プロジェクトバンクのオンラインサイト開設(02/28)

大統領がインド訪問、覚書6件締結予定(02/28)

モルディブ、ロヒンギャ迫害の訴訟に参加へ(02/28)

ヤンゴンの14大学、学内全面禁煙を検討(02/28)

投票資格変更が下院で承認、少数民族が反対(02/28)

地場養鶏業者が苦境、外資参入で価格下落(02/28)

ネット遮断に抗議、ヤンゴンの学生9人訴追(02/28)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン