• 印刷する

中国移動国際、データセンターの起工式開催

中国の通信最大手、中国移動通信(チャイナ・モバイル)傘下の中国移動国際(チャイナ・モバイル・インターナショナル、CMI)は2日、シンガポールでデータセンターの起工式を開催したと発表した。2019年5月の完工を見込む。

データセンターはシンガポールのダチェン工業団地内に設置する。敷地面積は1万5,174平方メートル、延べ床面積は7,330平方メートル。サーバー2,100台分のラックを備え、低消費電力のバッテリーや無停電電源装置(UPS)、水冷システムといった最新技術を導入する。

同社がアジア太平洋地域で自ら建設するデータセンターは、香港に次いで2カ所目となる。

CMIは現在、「サウスイースト・アジア―ジャパン・ケーブル(SJC)」「SJC2」「アジア・パシフィック・ゲートウエー(APG)」というアジア太平洋地域の3つの光海底ケーブルのほか、東南アジアと欧州を結ぶ「SMW5」の権益を持つ。今後もアジア太平洋、東欧、米大陸、オセアニア地域での海底ケーブル事業に投資する方針で、シンガポールのデータセンターは世界各地の施設と連携し、音声通話、ローミング、国際専用回線(IPLC)、クラウドコンピューティングなどのサービスを提供していく。

CMIはシンガポールでデータセンターの起工式を開催した(同社提供)

CMIはシンガポールでデータセンターの起工式を開催した(同社提供)


関連国・地域: 中国シンガポール
関連業種: 建設・不動産IT・通信マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

西村あさひ、地場法律事務所と提携(11:55)

テイクオフ:過去数カ月で、さまざま…(06/01)

【ウィズコロナ】景気回復、各種制限が重しに 東南アジアのリスク・見通し(上)(06/01)

来月2日以降も在宅勤務、違反企業には罰則(06/01)

在宅勤務でストレス増、常に仕事モード8割(06/01)

シンガポール政府機関、インフラ開発で支援(06/01)

通勤バスなどの安全規定、2日から適用(06/01)

1~4月の投資表明額、数年ぶり高水準に(06/01)

大学生に人気の就職先、4年連続でグーグル(06/01)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン