• 印刷する

キャピタランド、中心部のオフィスビル売却

トヨタ・モーター・アジア・パシフィックなどが入居するシンガポール中心部のオフィスビル「トゥウェンティー・アンソン」(CCT提供)

トヨタ・モーター・アジア・パシフィックなどが入居するシンガポール中心部のオフィスビル「トゥウェンティー・アンソン」(CCT提供)

シンガポールの政府系不動産開発会社キャピタランドは6月29日、同社が運営する不動産投資信託(REIT)キャピタランド・コマーシャル・トラスト(CCT)が中心部タンジョン・パガーにあるオフィスビル「トゥエンティー・アンソン」を売却すると発表した。売却額は5億1,600万Sドル(約419億3,000万円)。

トゥエンティー・アンソンは2009年に完工した20階建てのビルで、純貸出可能面積は約20万6,000平方フィート(約1万9,138平方メートル)。トヨタ自動車の地域統括会社トヨタ・モーター・アジア・パシフィックなどが入居しており、18年3月末時点の入居率は94.3%となっている。

売却額は、17年末時点の評価額の4億3,300万Sドルより19.2%高く、また12年にCCTが同ビルを買収した際の価格を20%上回っている。取引は18年7~9月期に完了予定。売却先の詳細は明らかにしていない。


関連国・地域: シンガポール
関連業種: 建設・不動産

その他記事

すべての文頭を開く

【アジア三面記事】中台統一主張の学者を強制退去(04/19)

テイクオフ:2016年に世界的にヒ…(04/18)

輸出が2年半ぶりの下げ幅 3月12%減、半導体業界不振で(04/18)

日系工業団地の魅力を紹介 ジェトロ主催、印は最多の7団地(04/18)

小売ドンキ、海外空港に初出店(04/18)

ネットワン、地場企業を地域戦略子会社に(04/18)

米IBM、メインフレーム製造をNYに移管(04/18)

アジアの通信環境、シンガポールが首位(04/18)

訪日シンガポール人15%増、3月の記録更新(04/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン