• 印刷する

MPTが緬映画アプリ、動画サービス拡大

KDDIと住友商事が支援する携帯電話サービス最大手の国営ミャンマー郵電公社(MPT)は6月27日、ミャンマー映画を配信する新アプリケーション「マハー(Mahar)」を発表した。同社は今年に入り、映画、ドラマを視聴できるアプリを相次ぎ発表。第4世代(4G)ネットワーク網の拡大に伴い、ミャンマーでもストリーミングによる動画コンテンツの視聴が広がりつつある。

新アプリ「マハー」を発表したMPTなどの関係者=27日、ヤンゴン

新アプリ「マハー」を発表したMPTなどの関係者=27日、ヤンゴン

MPTは今年に入り、マレーシアのアイフリックス(iflix)、米ビュークリップと提携し、海外の映画やドラマなどが見られるアプリを市場投入した。また、ミャンマーの音楽や娯楽番組を中心としたインターネットテレビサービスを提供する地場「ビッグ9TV」(Big 9 TV)とも提携している。

アイフリックスは、MPTのほか、ノルウェー系テレノール、カタール系Ooredooとも提携。定額制動画配信(SVOD)サービスの利用者数は、今年1~5月の5カ月間で1,200万人を超えている。

MPTが今回発表したマハーは、地場コンビニエンスストア大手ABCグループ傘下のABCコンテンツ・ソリューションズが開発。当初はミャンマー映画約400作をラインアップにそろえ、1年後には1,000作ぐらいに増やすという。ウィン・カイン最高経営責任者(CEO)は「ミャンマー国内には映画館が100カ所程度しかなく、映画を見るためにモバイル端末を利用する人は多い。今後も増えるとみている」と話した。

新アプリ「マハー」のスマホ画面

新アプリ「マハー」のスマホ画面

マハーでは、ダウンロードした映画を1週間見ることができる。1作当たりのダウンロードにかかるデータ量は330メガバイト。1作当たりのストリーミング料は、7月末までの販促期間中は99チャット(約8円)、それ以降は150チャットに設定した。一方、アイフリックスは月額3,000チャットの定額制で、視聴本数の制限がない。


関連国・地域: ミャンマー
関連業種: IT・通信メディア・娯楽

その他記事

すべての文頭を開く

NLD代表組織の台頭に弾圧 軍政「公認」されず、いら立ち(03/08)

国軍、NLD代表組織を反逆罪で取り締まり(03/08)

1カ月ぶりに確認、2人が新型コロナ感染(03/08)

声明を検討、安保理=一致対応出せず(03/08)

議長声明案に「非難」明記、国連安保理(03/08)

米商務省、ミャンマーへの輸出規制強化(03/08)

国軍がドル資産にアクセス、米連銀が阻止(03/08)

シンガポール、ミャンマー資金で注意喚起(03/08)

外国商議所、軍政代表らとの面会を拒否(03/08)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン