国内初の中小企業団地、首都南部で10月開業

物流や不動産などを手掛けるカンボジアのワールドブリッジ・グループは、国内初となる中小企業(SME)向けの工業団地「SMEエコパーク」を首都郊外に10月に開業する計画だ。面積は4ヘクタール。クメール・タイムズ(電子版)が27日に伝えた。

同社は2017年初めから、首都プノンペン南方のカンダル州サング地区で造成を進めている。シア・リシー会長によると、同工業団地には主に食品・飲料関連の企業を誘致する考え。

現時点での面積は国内各地の経済特区(SEZ)より狭いが、将来的には拡張も視野に入れている。南部シアヌークビルに同様の工業団地を設置する計画も浮上しているという。

同工業団地の開設に関しては、工業・手工芸省と覚書を締結し、官民連携(PPP)方式のプロジェクトとして進めてきた。SMEに特化した工業団地の開設は同省が力を入れている事業で、最終的には全国各州に設置する目標を掲げている。

同事業の先駆けとなるSMEエコパークの開設について、チャム・プラシット工業・手工芸相は「今後の拡張計画を進める上での試金石になる」との見方を示した。

同省によると、国内の中小企業は約53万社。うち97%が従業員10人未満の零細企業に分類されている。


関連国・地域: カンボジア
関連業種: 経済一般・統計政治

その他記事

すべての文頭を開く

ラックランド、イオン2号店の内装施工(07/20)

アクレダ銀系、上場に向け準備(07/20)

〔寄り道〕解散がないという前提だが…(07/20)

鉱山開発ANK、第2期調査に追加投資(07/20)

中国との租税条約、投資拡大を期待(07/20)

【予定】20日 6月消費者物価指数ほか(07/20)

バイオ医薬の中国依生、子会社が営業開始(07/20)

【訃報】村松誠氏(元日本通運副社長)(07/20)

独シンクタンク、総選挙は「非民主主義的」(07/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン