• 印刷する

テイクオフ:オーストラリアの中学校…

オーストラリアの中学校で使われる教科書は、なんだか味気ないと感じる。例えば数学の教科書は大きくて分厚いが、単なる問題集のようだ。教科書自体がない科目だって珍しくない。

一方で、日本人としては手前味噌だが、子ども用に総領事館からもらってきた日本の教科書を見て感心している。どの教科書も、色やデザインを工夫し、できるだけ理解しやすいようにという工夫が随所に見える。筆者が小中学生だったウン十年前の時の教科書とは随分違う。

中でも目を見張ったのは美術の教科書で、油絵や水彩画などの分野に加え、マンガやアニメのイラストも載せている。日本のマンガは近年、世界で爆発的人気を得ていることで、日本でもやっと「美術」という領域に格上げされたようだ。いまさら官に権威付けされてもな、と今は亡きパイオニアの漫画家たちが苦笑しているかもしれない。(西嵐)


関連国・地域: オーストラリア
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:日本式の生産管理を導入…(04/18)

日本ペイント、豪大手買収 豪NZ展開で収益源多様化(04/18)

RBA、失業率悪化と低インフレで利下げか(04/18)

労働党、不当廉売規制強化で緊急関税も(04/18)

豪、海外への資金振替が8%と急上昇(04/18)

豪税当局とグレンコア、秘匿特権巡り係争(04/18)

豪産ワギュウの農場、香港に月2500キロ輸出(04/18)

リオ・ティント、鉄鉱石輸出量を下方修正(04/18)

AGL、SAの銅鉱に水力発電所建設計画(04/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン