テイクオフ:シンガポールでは各地区…

シンガポールでは各地区にコミュニティークラブ(CC)が設置されている。日本の町内会や公民館に近い組織・施設と言える。

中でも中心部ティオンバル地区のCCは、シンガポールで一番初めに設立され、国内で唯一、設立当時の名称「ティオンバル・コミュニティーセンター」を名乗っている歴史ある組織だ。ここでは毎月最初の週末に、イベント「ティオンバル・ウオーク」を実施。地区内を2時間ほど歩いて回り、地区の成り立ちから「隠れた億万長者」の話題まで幅広く、ボランティアガイドから教えてもらうことができる。

建国からは50年余りだが、ティオンバルの歴史はそれ以上。景観保存地区に指定されている同地区には、第2次世界大戦前に建てられた住居や、空襲から身を守るための広い地下防空壕(ごう)も残る。今週末、ぜひ参加してみてはいかがだろうか。(薩)


関連国・地域: シンガポール
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:シンガポールで迷彩服を…(07/23)

経営共創基盤が進出5周年 常駐協業型支援を現地企業にも(07/23)

【人事】シーアールイー取締役に小泉武宏氏ほか(07/23)

楽天の民泊事業会社、アゴダと提携(07/23)

【予定】23日 大島理森衆院議長が中国訪問ほか(07/23)

アマゾンの特売セール、コカコーラなど人気(07/23)

【訃報】塙昭彦氏(元イトーヨーカ堂専務)(07/23)

エアバスと国防科技庁、3Dプリントで部品製造(07/23)

ケッペルコープ、上半期は38%増益(07/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン