• 印刷する

タックスアローワンス、300業種に拡大へ

インドネシア政府は、特定業種や地域への投資に対するタックスアローワンス(法人税優遇措置)の対象業種を、従来の145業種から300業種に拡大する方針だ。22日付ビスニス・インドネシアとインベストール・デーリーが伝えた。

特定業種・地域への投資に対する法人税優遇措置を規定した政令『2016年第9号』の改正令に盛り込む。経済調整省のイスカンダル次官(マクロ経済・金融調整担当)によると、輸出志向型産業や労働集約型産業に優遇措置を付与することで、これら産業の発展を後押しすることが狙い。改正点は、対象業種の拡大のみで、投資額に応じた課税所得の控除や、節税効果のある減価償却期間の短縮といった既存の優遇内容については変更しない。

政令『16年第9号』は、タックスアローワンスの対象業種に145業種を規定。内訳は、全国一律に適用される事業分野の不動産、食品、繊維など71業種と、特定地域限定の事業分野であるカカオ栽培、乳製品など74業種。


関連国・地域: インドネシア
関連業種: マクロ・統計・その他経済政治

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:「この先ビューポイント…(02/17)

(表)各国・地域の新型肺炎感染者数(16日正午) 世界で感染拡大、欧州で初の死者(02/17)

【この人に聞く】アズビル、提案力と人材強化 事前察知のソリューション提案へ(02/17)

スズキ四輪、新型SUV「XL7」を発表(02/17)

日野自動車、現地販社の新社長に内田氏(02/17)

ダイハツ、1月の小売り台数は10.4%減(02/17)

財務省が自動車炭素税を検討、業界は反発(02/17)

日本政府、漁業と防災分野で資金供与(02/17)

パティンバン港連絡橋、国営建設2社が受注(02/17)

MRT第2期工事、全駅で公共バスと接続(02/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン