タックスアローワンス、300業種に拡大へ

インドネシア政府は、特定業種や地域への投資に対するタックスアローワンス(法人税優遇措置)の対象業種を、従来の145業種から300業種に拡大する方針だ。22日付ビスニス・インドネシアとインベストール・デーリーが伝えた。

特定業種・地域への投資に対する法人税優遇措置を規定した政令『2016年第9号』の改正令に盛り込む。経済調整省のイスカンダル次官(マクロ経済・金融調整担当)によると、輸出志向型産業や労働集約型産業に優遇措置を付与することで、これら産業の発展を後押しすることが狙い。改正点は、対象業種の拡大のみで、投資額に応じた課税所得の控除や、節税効果のある減価償却期間の短縮といった既存の優遇内容については変更しない。

政令『16年第9号』は、タックスアローワンスの対象業種に145業種を規定。内訳は、全国一律に適用される事業分野の不動産、食品、繊維など71業種と、特定地域限定の事業分野であるカカオ栽培、乳製品など74業種。


関連国・地域: インドネシア
関連業種: 経済一般・統計政治

その他記事

すべての文頭を開く

米国、東南アジアに農産物輸出拡大目指す(07/20)

ガルーダ航空、ロンドン直行便の廃止を検討(07/20)

ユーロ4適合車向けにバイオ混合油改善を(07/20)

ハイアール、32%成長狙う ミドルハイ商品さらに強化(07/20)

【アジア三面記事】神隠しの結末は(07/20)

独系ボッシュ、二輪好調で今年も2桁増収(07/20)

【予定】20日 6月消費者物価指数ほか(07/20)

起亜、「グランドセドナ」新型モデルを発売(07/20)

【訃報】村松誠氏(元日本通運副社長)(07/20)

年内着工予定のチカラン内陸運河計画が頓挫(07/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン