• 印刷する

日本人利用減のホテル、自国民の集客に注力

日本人観光客が急減するホテル業界が、自国民の集客に力を入れていることが分かった。夏向けのパッケージ商品の販売を前倒したり、飲食部門での売り上げ増に向けたイベントも行っている。ソウル経済新聞が伝えた。

プラザホテル(ソウル市中区)では、6~8月に地方からソウルに来る宿泊客を対象に、片道分の鉄道運賃をキャッシュバックするイベントを行う。ロッテホテルソウル(同)やバンヤンツリー・クラブ&スパ・ソウル(同)、ザ・リッツ・カールトン・ソウル(江南区)などは、夏のパッケージ商品を例年より早く発売することにした。

一方、ルネサンス・ソウルホテル(江南区)は飲食部門の営業を強化。ランチタイムのビジネスマンの利用を促すため、ホテルとしてはリーズナブルな1万5,000ウォン(約1,352円)のメニューを用意した。スタンフォードホテル・ソウル(麻浦区)はハイト真露のMAX生ビール(500ミリリットル)2杯とつまみ1品を1万ウォンで提供。インペリアル・パレス・ソウル(江南区)は料理を注文した顧客にカクテルを1,000ウォンで提供する。

一方、観光業界によると今年1~4月に韓国を訪れた日本人の数は前年同期比23.6%減の91万人にとどまった。ある特級ホテルの場合、昨年は全体の20~30%が日本人による利用で、業績への打撃が大きいという。日本人観光客の利用が多い一部の中・小規模ホテルは経営が困難になっている。


関連国・地域: 韓国日本
関連業種: 食品・飲料金融サービス観光メディア・娯楽マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

新型コロナ感染、3日連続で100人超え(09/25)

【ウィズコロナ】「非対面」で代行ロボ続々 出前やホテルで導入、日韓協業も(09/25)

新型コロナ感染、2日連続で100人超え(09/25)

韓国オーディオ製造、越法人の財務改善へ(09/25)

政府が事業転換支援、サムスンDも対象に(09/25)

コンケンの軽量軌道鉄道、韓国が開発を支援(09/25)

KTとタイ地場、データセンター事業で提携(09/25)

韓国CSベアリング、越生産を増強(09/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン