• 印刷する

エネ省警告が奏功か、電気ガス各社が値下げ

オーストラリア連邦政府が高額な電気・ガス料金を批判している中、料金を値下げする電気・ガス会社が増えているもようだ。フライデンバーグ・エネルギー相は、電気・ガス料金が法外に高いため、規制を強化すると各社に警告していた。オーストラリアン・ファイナンシャル・レビューが伝えた。

国営化した国内最大の水力発電所を運営する電力公社スノーウィー・ハイドロは、傘下にルモ・エナジー(Lumo Energy)とレッド・エナジーの小売り2社を持つ。両社を利用するクイーンズランド(QLD)州の中小企業の平均支払い電気料金は年200豪ドル(約1万6,000円、4.4%)減、個人が年36豪ドル(2.2%)減となる。南オーストラリア(SA)州の電気は中小企業で年78豪ドル(2%)減、個人が年32豪ドル(1.5%)減となる。一方、ガスはニューサウスウェールズ(NSW)州とSA州で1.8~2.5%増となる。

電力・ガス・小売り大手エナジー・オーストラリア(EA)も先週、AGLやオリジンと同様に、適度に引き下げると発表。EAを利用するQLD州の中小企業の電気は7.2%減、個人が3.8%減。NSW州のガスは個人で0.2%減となる。

同相は「電気・ガス会社は本来、社会に貢献することで営業活動が許され、オーストラリアの個人や中小企業が支払う料金が適正であることを自制的に確認する義務がある」と述べた。

また同相は、アイセレクト(iSelect)などの有料の比較サイトではなく、オーストラリア・エネルギー規制機関(AER)が運営するエナジー・メード・イージー(Energy Made Easy)のサイトを利用すると年間数百豪ドル節約できると消費者に勧めている。


関連国・地域: オーストラリア
関連業種: 電力・ガス・水道サービスマクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

【日本の税務】現地スタッフ人事評価ポイント(07/23)

テイクオフ:9月からANAのパース…(07/23)

豪で世界最大の太陽光発電所 新興サン、東南アへの供給視野(07/23)

豪議会再開、干ばつ対策を審議 労組法案では与野党対立(07/23)

家族優遇税制、10万世帯が減額または除外(07/23)

〔政治スポットライト〕豪中関係再び悪化?豪貿易相が中国訪問へ(07/23)

サントス、石油ガス生産でウッドサイド超え(07/23)

シェルCEO、豪の電力市場進出に意欲(07/23)

オーリゾン、貨物ターミナル売却で交差上訴(07/23)

NSW、技能ビザに居住・就労の要件を追加(07/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン