• 印刷する

タイ大手5社、VC500トゥクトゥクズ参加

投資ファンド「500トゥクトゥクズII」への参加を発表した各社の代表ら=14日、バンコク(NNA撮影)

投資ファンド「500トゥクトゥクズII」への参加を発表した各社の代表ら=14日、バンコク(NNA撮影)

米国のベンチャーキャピタル(VC)500スタートアップス傘下のタイ向け投資ファンド、500トゥクトゥクズは14日、タイの大手企業5社が新たな投資ファンド「500トゥクトゥクズII」に参加すると発表した。

500トゥクトゥクズIIに参加するのは、◇流通大手セントラル・グループ◇栄養ドリンク「レッドブル(クラティンデーン)」などを製造・販売するTCPグループ◇消費財大手サハ・グループ傘下の持ち株会社サハ・パタナ・インターホールディング◇タイ字紙大手のタイラット・グループ◇大手財閥TCCグループ傘下の生命・損害保険会社サウスイースト・インシュランス&ファイナンス・グループ――の5社。

500トゥクトゥクズIIは主に、新しい変革を起こす「破壊的技術」や「ディープ・テック」の開発を目指す技術系のスタートアップ企業に投資する。タイおよび東南アジアで150社への投資を目指す。

TCPグループのサラウット最高経営責任者(CEO)は「破壊的技術の進歩により当社を取り巻く事業環境も急速に変化している。500トゥクトゥクズを通じて先進的な技術企業に投資を行い、変革の波に対応したい」と希望を述べた。


関連国・地域: タイ
関連業種: マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:タイで初の性的少数者(…(04/23)

タイ国境の友好橋完成 新検問所に接続、生産分業加速も(04/23)

1Q輸出2%減、11期ぶりに 摩擦影響し目標達成は早くも困難(04/23)

EEC、鄭州の空港経済特区と戦略提携へ(04/23)

東北ウドンタニで電気バス、20年末に運行へ(04/23)

ウタパオ空港、第2ターミナルが全面開業(04/23)

レムチャバン港拡張再入札、審査に遅れ(04/23)

バンコクエア、ロッテと空港免税店運営狙い(04/23)

タイ航空の機材調達、NESDCが承認(04/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン