• 印刷する

BGコンテナグラス、工場の自動化推進

タイのガラス瓶メーカー、BGコンテナ・グラス(BGC)は、産業ロボットの導入によるガラス瓶工場の自動化を推進する。14日付ポストトゥデーが報じた。

既に1億バーツ(約3億4,000万円)超を投じてロボット5台を試験導入しており、生産効率化が実現できればさらに4億バーツを投じる計画。高温で作業環境の厳しいガラス瓶工場は作業員を確保するのが難しく、自動化で人手不足にも対応する狙いもある。

BGCは25億バーツを投じて西部ラチャブリで新工場の建設を進めており、8月に稼働の見通し。日産能力は400トン。他の生産拠点5カ所と合わせると計3,500トンになり、域内最大のガラス瓶メーカーとなる。

国内ではガラス瓶の需要が伸び悩んでおり、今後はラオス、ミャンマー、ベトナム、オーストラリア、欧州などへの輸出を重視する。現在の輸出比率は10%程度だが、2021年までに20%へ引き上げる。

今年の売上高目標は前年比2~3%増の110億~130億バーツ。増産と輸出拡大により、5年後には年商150億バーツを目指す。

BGCは大手財閥ブンロート・ブルワリー系のガラス製品メーカー、バンコク・グラスの傘下企業。


関連国・地域: タイ
関連業種: その他製造

その他記事

すべての文頭を開く

三菱電機、18年度8%増収へ 省エネエアコン強化で首位固め(01/18)

物流ギオン、海外初拠点を開設(01/18)

【アジア三面記事】呪われたスーツケース(01/18)

タイ国鉄、複線化事業に向け1900人増員(01/18)

ビルダースマート、建材7割で年商34億円へ(01/18)

不動産ライモン、不妊治療サービスに参入(01/18)

タイEC市場、今年は11兆円規模=ETDA(01/18)

セントラル小売部門、EC販売を2倍に(01/18)

セブンイレブン、社会保険の加入手続き代行(01/18)

18年1~11月の宝飾品輸出7%減、金が不調(01/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン