• 印刷する

京津冀のPM2.5濃度、5月は6%低下

中国生態環境省によると、北京市と天津市に河北省の11市(唐山、石家荘、廊坊、秦皇島など)を加えた京津冀地域13都市の5月の微小粒子状物質「PM2.5」の平均濃度(1立方メートル当たり、以下同)は、前年同月比6.4%低下の44マイクログラムだった。

粒子状物質「PM10」の平均濃度は14.3%低下の102マイクログラム。空気の質が「優」または「良」(大気質指数「AQI」が100以下)だった日数の割合は50.7%で、前年同月から8.7ポイント拡大した。

1~5月の数値と割合は◇PM2.5の平均濃度:前年同期比16.9%低下の64マイクログラム◇PM10の平均濃度:14.0%低下の117マイクログラム◇「優」「良」日数の割合:3.7ポイント拡大の57.8%——。

中国の主要74都市で5月の大気汚染が深刻だったワースト1~3位は、順に唐山市、山西省太原市、石家荘市。1~5月のワースト1~3位は、順に石家荘市、河北省ケイ台市(ケイ=刑のつくりがおおざと)、同省邯鄲市となった。


関連国・地域: 中国-北京
関連業種: マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

米中貿易戦争、「日台半導体メーカーに商機」(19:42)

聯華電子が生産能力拡張、274億元投資(18:36)

サムスン電子、中国天津でのスマホ生産停止(14:52)

新世界と騰訊、本土のモバイル決済で提携(20:11)

中国のオンライン英会話、比人教師10万人へ(18:03)

VCに税制優遇、起業やイノベーション支援(19:49)

中国再参入の計画ない、グーグルの検索サービス(12/13)

テイクオフ:会社からの帰り道。広州…(12/13)

中国人客の呼び戻し策を強化 ビザや税優遇、航空大手は赤字も(12/13)

EVの充電環境さらに改善へ 政府4部門、3年で「6大任務」(12/13)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン