• 印刷する

テイクオフ:東京都内にはJRをはじ…

東京都内にはJRをはじめ、いくつもの鉄道事業者が存在する。地下鉄だけでも2つの事業者があり、運賃体系もそれぞれ異なる。昔は当然のように思っていたが、海外に出てみると、こうした状況はむしろ特異であることに気付く。

以前暮らした英ロンドンでは公共交通機関の運賃はゾーン制。バスは複数の事業者が運行しているが、ゾーン内の料金は一律だ。一方、シンガポールでは移動距離に応じて運賃が決まる点は日本に近いものの、MRT(地下鉄・高架鉄道)やバスなどの運賃体系は統一されている。

MRTではSMRTとSBSトランジットの2社がそれぞれの担当路線を運行しているが、運賃体系はシームレスで、普通に利用している分には事業者の違いには気付かない。東京のシステムは特に外国人にとっては複雑怪奇。せめて、かねて構想が浮上している地下鉄の運賃一本化だけでも早く実現すべきでは。(墺)


関連国・地域: シンガポール日本欧州
関連業種: 運輸社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:シンガポール人の知人か…(10/22)

EVFTAの妥結へ一歩前進 EU、東南アとの協定拡大に本腰(10/22)

新興企業との連携スペース開所 独インフィニオン、本国含め世界初(10/22)

EUとFTAに調印、貿易・投資促進に期待(10/22)

リー首相、ベルギーで安倍首相と首脳会談(10/22)

南シナ海問題で協力、ASEAN拡大国防相会議(10/22)

空飛ぶタクシー、来年に都市部の試験飛行(10/22)

UBS幹部、本土で拘束か=出張回避も(10/22)

C4NGP開所、次世代の港湾管理を研究(10/22)

ラザダの宅配、セブン店舗で受け取り可能に(10/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン