テイクオフ:東京都内にはJRをはじ…

東京都内にはJRをはじめ、いくつもの鉄道事業者が存在する。地下鉄だけでも2つの事業者があり、運賃体系もそれぞれ異なる。昔は当然のように思っていたが、海外に出てみると、こうした状況はむしろ特異であることに気付く。

以前暮らした英ロンドンでは公共交通機関の運賃はゾーン制。バスは複数の事業者が運行しているが、ゾーン内の料金は一律だ。一方、シンガポールでは移動距離に応じて運賃が決まる点は日本に近いものの、MRT(地下鉄・高架鉄道)やバスなどの運賃体系は統一されている。

MRTではSMRTとSBSトランジットの2社がそれぞれの担当路線を運行しているが、運賃体系はシームレスで、普通に利用している分には事業者の違いには気付かない。東京のシステムは特に外国人にとっては複雑怪奇。せめて、かねて構想が浮上している地下鉄の運賃一本化だけでも早く実現すべきでは。(墺)


関連国・地域: シンガポール日本欧州
関連業種: 運輸・倉庫社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:12日の米朝首脳会談は…(06/18)

5月新規車両登録は15%減 乗用車と商用車が共に不振(06/18)

金融業の成長予測を上方修正、MAS調査(06/18)

ルワンダと2つの協定締結、投資と航空(06/18)

5月の賃料指数、民間・公営とも0.2%上昇(06/18)

ニプロ、2カ国で透析関連商品の直販開始(06/18)

サムライJP、ニューユニオンと業務提携(06/18)

中国系Fウィール、電動自転車の販売拠点開所(06/18)

ラオラオが復活オープン、チャンギ空港で(06/18)

セムマリン、極地用クルーズ船の設計を受注(06/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン