ロヒンギャ武装集団、ワッツアップ活用か

米メッセンジャーアプリの「ワッツアップ」が、ミャンマー西部ラカイン州のイスラム教徒少数民族ロヒンギャの武装集団に広く利用されていることが明らかになった。ミャンマーの非政府組織(NGO)、ミャンマーICT開発機構(MIDO)は、ワッツアップに流れるメッセージを監…

関連国・地域: ミャンマー
関連業種: マスコミ・出版・広告社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

金融サービス利用者が5割に 小口金融、協同組合融資で伸び(06/22)

〔寄り道〕アウン・サン・スー・チー国家顧問兼外相…(06/22)

中国企業、ミャンマーへの工場移転に関心(06/22)

居住者の源泉税を廃止、7月1日から(06/22)

国産アボカド、中国への本格輸出を視野(06/22)

マイスクエア、携帯決済マイペイを買収(06/22)

延期の和平会議、7月第2週開催で調整(06/22)

通信ベトテル、ミャンマーで100万件加入(06/22)

EU、政府に3州での性暴力調査を要請(06/22)

シュエ・マン氏が新党設立か、20年に向け(06/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン