• 印刷する

VISA、アイシティーと電子決済で提携

マレーシアの不動産開発業者であるI(アイ)は12日、米系クレジット大手VISAマレーシアとスランゴール州シャアラムのニュータウン「アイシティー」内での電子決済で提携したと発表した。専用の決済システムを導入する。当初は、アイシティー内のテーマパークと駐車場で利用可能で、2019年以降、ホテルやショッピングモールなどでも使える予定。

アイのユー・ホンチュウ副会長は、「キャッシュレス決済はマレーシアで浸透しつつある。安全管理で定評のあるVISAと組むことにした」と語った。VISAのグループ・カントリー・マネジャー(東南アジア部門)のアンディ―・ラム氏は、「アイシティーには1週間に9万人が訪れる。導入効果が高いとみて、提携した」と説明した。

VISAマレーシアは、カードを読み取り機にかざすだけで暗証番号や署名などが不要の非接触型決済の浸透を推し進めている。マレーシアでのVISAカードを利用した非接触型決済は月間300万件で、VISAの決済総数の30%程度という。一方で、シンガポールは70%、オーストラリアは80%に達しており、伸びしろがあるとみている。

アンディ―氏によると、マレーシアでのVISAカードのシェアは「10人に6人が保有している」と述べた。

戦略的提携を結んだアイのリム・キンホン会長(左から1番目)とVISAマレーシアのグループ・カントリー・マネジャー(東南アジア部門)アンディ氏(同3番目)=12日、スランゴール州(NNA撮影)

戦略的提携を結んだアイのリム・キンホン会長(左から1番目)とVISAマレーシアのグループ・カントリー・マネジャー(東南アジア部門)アンディ氏(同3番目)=12日、スランゴール州(NNA撮影)


関連国・地域: マレーシア
関連業種: 金融IT・通信

その他記事

すべての文頭を開く

RM=27.0円、$=4.15RM(19日)(10/19)

11MP、成長率は最大5.5% 予算総額で400億リンギ圧縮(10/19)

新興国の輸入規制に懸念 全体の6割強、印が件数で2位に(10/19)

【アジア三面記事】未亡人の霊?現れる(10/19)

貿易産業相ら、日本企業に投資を呼び掛け(10/19)

富士フイルム、「XーT3」を正式発売(10/19)

RM=27.0円、$=4.15RM(18日)(10/19)

OKウェイヴ、ブロックチェーン関連で受注(10/19)

LRT3号線建設、新条件での継続決定(10/19)

国民車構想、提案書公募は最終的に14件(10/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン