マレー企業が進出計画、電子決済で市場開拓

マレーシアの電子決済企業リベニュー・グループ(RGB)は、カンボジアとミャンマーに進出する計画だ。150万リンギ(約4,140万円)を投資する。プノンペン・ポスト(電子版)が12日に伝えた。 両国での事業展開では地場企業との提携を想定している。RGBのエディー・ウン・チ…

関連国・地域: ミャンマーカンボジアマレーシア
関連業種: 金融IT・通信


その他記事

すべての文頭を開く

証取所の投資家、11月時点で2万人突破(14:41)

外国人観光客、1~10月は11.5%増(17:11)

国連計画と一帯一路は好機 成長後押し、中国依存には慎重論(12/12)

韓国IBK銀が支店開設、資金需要に対応(12/12)

政府、1州5都市を産業開発優先区に指定(12/12)

人権NGO、縫製工場の生産ノルマに懸念(12/12)

公共事業省、水上タクシーの停泊駅増設へ(12/12)

フランチャイズ事業、法整備が必要(12/12)

首都―空港鉄道、片道運賃2.5ドルに(12/12)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン