マレー企業が進出計画、電子決済で市場開拓

マレーシアの電子決済企業リベニュー・グループ(RGB)は、カンボジアとミャンマーに進出する計画だ。150万リンギ(約4,140万円)を投資する。プノンペン・ポスト(電子版)が12日に伝えた。 両国での事業展開では地場企業との提携を想定している。RGBのエディー・ウン・チ…

関連国・地域: ミャンマーカンボジアマレーシア
関連業種: 金融IT・通信


その他記事

すべての文頭を開く

カンボジアとラオス、18年貿易2400万ドルに(08/20)

フィンテック協会が発足 関係機関と連携、起業家も育成(08/20)

1~6月の株式売買、外国人投資家が67%(08/20)

シハモニ国王、フン・セン首相の続投へ氏名(08/20)

クリスエナジー、油田開発の請負業者選定(08/20)

1~6月の商標認可2%増、外国企業が6割(08/20)

運送協会、航空貨物のペーパーレス化要請(08/20)

19年実施の国勢調査、政府が1000万ドル拠出(08/20)

政治評論家キムソク氏、突然の釈放(08/20)

【予定】20日 対中制裁第3弾でUSTR公聴会ほか(08/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン